【連載】KO KIMURA「Underdigic」vol.6「ハウス/テクノなどのDJ系ダンスミュージックの楽しみ方3」

twitterツイート

2018年でプロDJ歴33年を迎えたカリスマDJ、KO KIMURA。クラブ創成期から、現在までシーンをリードし続けているのはもちろん、特に、国内のハウスミュージックシーンにおいて、現在活躍する多くの若手〜中堅DJたちに多大な影響を与えてきたDJである。そのDJ歴のほとんどを最新の曲を探しディグすることに費やし、グルーヴ感と選曲でフロアを魅了しながらも、現在進行形で最新のダンスミュージックやDJスイルを追求する姿勢は、国内のみならず、海外にもファンが多く、海外公演等も積極的に敢行中だ。

DJ活動の傍ら、1940年代のオートバイのレストア方法をハーレー誌に連載、世界を股にかける食べ歩きがWEBや書籍にて記事化、アニメーション関連の活動も積極的に行うなど、過去の布石やカルチャーメイクだけに留まらず活動しているKO KIMURAが、今、海外のアーティストやDJたちと国内外を飛び回っている。それは、“DJ”という職業や生き方を超越しているとも言うことができ、またその延長線上において、1年中、世界中の優美な文化とコラボレーションを繰り返す“旅”に出ているともいうことができるだろう。

2019年は、よりダンスミュージックを身近に肌で感じられるような深い内容を月に一度の更新と共にお届けしながらも、めまぐるしいDJ活動と並行するかのように、貪欲に“Culturemeeting”という生き方を実践するDJ、KO KIMURAにも引き続き迫っていく。

◆ ◆ ◆

■NOGUCHI KAZUAKIとのユニット“MODEWARP”
■タイトルは本コラムと同名の「Underdigic」。

2回続けてハウス/テクノなどのDJ系ダンスミュージックの楽しみ方という方法とポイントについて触れていきましたが、今回は、2018年12月18日にリリースされた僕のアルバムを一例にして、その楽しみ方を書かせて頂きます。このアルバムのタイトルになっている「Underdigic」は、僕が毎週渋谷のEn-Sof Tokyoというクラブでレジデントをしているパーティの名前でもあり、パーティだけではなく、この様な音楽作品の発信やアパレルなどの展開など、いろいろなものを内包したプロジェクトになっています。

早速ですが、まずこのアルバムの収録予定曲が出来上がった上で考えたのは曲順でした。この曲順の選定も以前のコラムで書かせていただいた通り、DJプレイや食事のコースと同様の起承転結をつけるという点で、全体の流れの中でも1曲目は、このアルバムのイメージを象徴しつつも、聴く人の心を掴むためにも、比較的に優雅でありつつ上がるところは上がる。しかしながら後半に続けるためにも、“後半の曲よりは上がりすぎない曲”というハウス的でありつつも、割と硬い音色の曲を選びました。

2曲目は、ホーンなどの楽器の音色が入る少しファンキーな雰囲気で楽しげな、上げ目のテックハウス的な曲。3曲目は、後半に向けて上げて行くために、一度ちょっとだけ落としつつも雰囲気があるシカゴ・ハウスフレーバーが入るような曲に。4曲目は勢いを増しつつ、曲が走っている印象を受けるようでいて、また繰り返されるフレーズも少し上がった感じのものということで、ちょいテクノからプログレッシヴ・ハウスの間にジャンルされるような曲を。4曲目と6曲目の曲が割と似た雰囲気の曲なので、その間の5曲目として、上げ気味の迫力がある重低音の迫力がグイグイと上げてくれるテクノのトラックを選択。そして6曲目は締めのいい感じの上げでキレイに終われるように、4曲目とも少し流れがつながりやすいフレーズ的なのが多い曲をメインディッシュとデザートを兼ねる形で入れました。

また全体の曲に共通するのは、それぞれ曲の構成の中にも起承転結の要素が入っているという点です。1曲目から単にだんだん上げていくだけでなく、少しひねりつつもスンードな流れも踏襲しつつ、そして全体を通しても1曲だけを聞いても楽しんで頂けるように考えてあります。



■ダンスフロアに向けての
■即戦力になるアルバム

そしてこのアルバムの収録曲は、完全に「ダンスフロアに向けての即戦力」をテーマに作ってありますので、制作においてその全体の曲の音色を選ぶ方法においても、ステレオの左右に動く感覚から、低音から一番上の高音までダンスフロアで上下の動きが体感できて気持ちいいように作ってありますので、CDをお買い上げ頂いた方も、iTunesやSpotifyなどを代表する配信サービスで聴いて頂ける方も、そんなことを木村コウは考えて制作したんだ……ということを頭の片隅に置いて聴いて頂けると、より一層楽しんでもらえると思っています。こんなアルバムを、来年も年に2枚ほどのタイミングで作っていくと思うので、ぜひともチェックしてやってください!


『Underdigic』

2018年10月28日(日)リリース
WANTYOU! RECORDS 1,620円

■収録曲
01. RED
02. MANDARIN
03. YELLOW
04. BLUE
05. GREEN
06. PURPLE

文・:KO KIMURA
編集協力:NazChris

◆KO KIMURA オフィシャルサイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報