GLAY・TAKURO、今年も横浜で芳醇ソロライブ開催。2ndソロアルバムの詳細も発表

twitterツイート

GLAYのリーダーでありギタリストであるTAKUROが、Motion Blue yokohamaにて12月25日(火)、26日(水)の2日間、ソロインストライブを行なった。

◆TAKURO 写真

かねてよりTAKUROは「このソロワークスは、お酒を飲みながら楽しんでもらいたい音楽」と語っており、ライブを行なうシチュエーションとしては最高の会場での開催となった。夜景が美しい、赤レンガ倉庫にあるステージとあって、会場に向かう人からは、ライブに行くというよりは、ディナーに行くといった雰囲気が感じ取れた。

会場の中は各々お酒を楽しんだりと、落ち着いた雰囲気が漂っており、その穏やかな空気と共にステージ後方からTAKUROが登場。GLAYのド派手な演出登場とは異なり、ジャジーな雰囲気を漂わせながらライブは始まった。


1曲目は2016年にリリースされた、1stアルバムより「Lullaby」。心地よいリズムに合わせたギターとサックスの掛け合いが、心地よいナンバーである。会場が暖まれば、続いては2ndアルバムに収録予定の新曲「Swingin' Tokyo 2020」。こちらはクリスマスを匂わせた、このシーズンにはぴったりの楽曲だ。楽曲全体のメロディはスウィングしているのに、ギターが奏でるメロディが心地よいのは、さすがTAKURO節と言える。

「まだ明日は仕事って人もいるのかな?それなら明日の事を忘れるくらい熱い夜にしましょう!」とTAKUROは語りかけ、昨年のライブからお馴染みの新曲「TIMELESS WONDER」を披露。ジャジーな演奏とTAKUROらしいキャッチーなメロディを楽しむ事が出来るナンバーである。その後は1stアルバム収録の「Autumn Rain」、「RIOT」を演奏し、最後は新曲「SARAH 派手にやれ!」を披露。サックスが主軸となり、激しくギターとぶつかったりと、情熱的なナンバーであり、横浜の夜は熱く燃えた。

熱い演奏を終え、「サンキュー!最高でした!」と心から感謝の言葉を告げ、本編は終了。しかし会場からは冷めやまぬ酔いと共にアンコールが起き、もちろんTAKUROもそれに応え、再度ステージに登場した。

アンコールで披露したのは新曲「やすらぎのチセ」。このナンバーは今回のライブで初披露された。切ないピアノ、それに合わせギターが優しく語りかけるようなスローバラードだ。タイトルにある「チセ」はアイヌ語で「家」を意味し、冬の厳しい北海道で、外から家に帰った時に感じる温もり、そんな気持ちにさせてくれる楽曲である。TAKUROも「北海道の自然を感じ、生まれた曲」と語っており、この楽曲からはGLAYとは違ったジャンルではあるが、どこかGLAYらしさを感じる事が出来る。

TAKUROが「今日は本当にありがとうございました!来年はGLAY25周年となります。共に歩んで行きましょう!」と最後に語り、2018年最後となるライブは幕を閉じた。美しい夜景、そして美しいメロディの数々、それにお酒と共に身を委ねる。TAKUROが届けたい音楽が、ここに体現されていたであろう。


また同日2ndアルバムの収録楽曲内容も明らかにされた。全10曲が収められる予定だ。ファンク、ジャズ、ブルースなど様々な要素が詰め込まれており、今作も盟友であり、ギターの師でもあるB’zの松本孝弘によるトータルプロデュースであること、さらに収録曲のうち1曲は同氏からの楽曲提供であることが発表された。

アルバムとしては、ロサンゼルス在住の一流ミュージシャンとのレコーディングに加え、前回のツアーをともにしたメンバーや、新たにピアニストの小野塚晃を迎え、前作よりも芳醇で奥行きのあるサウンドが詰まった一枚となった。ギター、エフェクター、アンプ、そしてミュージシャン&レコーディングスタッフ、さらには弦にまで1音1音こだわり抜いてレコーディングされた珠玉の楽曲たちは必聴である。

▲松本孝弘

なお、「北夜色 Port Town Blues」が松本孝弘より提供された楽曲となる。Larry Carltonと共作でリリースした「TAKE YOUR PICK」では、第53回グラミー賞にて「最優秀インストゥルメンタル・ポップ・アルバム」部門を受賞するなど、名実共に世界的ギタリストである松本。TAKUROも師と仰ぐ彼の楽曲を、どのようなサウンドで弾きこなしているのか、聴ける日が今から待ち遠しい。

合わせて公式HPでは今作のオフィシャルインタビューも合わせて公開されている。2019年、GLAYはデビュー25周年となるが、何故その前にTAKUROは2作目のソロアルバムをリリースするのか。そして彼がこの作品に込めた想いを、是非ここから一足早く感じてもらいたい。

■TAKURO コメント
このソロプロジェクトは、『Journey without a map』(=地図なき旅)というタイトルの通り、型にとらわれずに自分のギタリストとしての表現力のアップを求めてスタートしました。
GLAYには、HISASHIという看板ギタリストがいますが、彼とのコンビネーションをより強くすることと、彼とは真逆の世界をもうひとつ構築することで、バンドの幅が広がればいいなと考えました。
リードギタリストとしてHISASHIのアイディアが鳴っているその裏で俺が掘り下げているジャズやブルースという響きがGLAYの新しい武器のひとつになればいいなと思います。
シンガーではないのでギターで歌うということになっちゃうんですけど、自分がフロントに立ってライブをやることでボーカリストの孤独みたいなものを知って、TERUが持っている重責みたいなものを自分も感じて学べればと思います。

LIVE Photo by 岡田裕介

TAKURO 2ndソロインストアルバム『Journey without a map II』

2019年2月27日(水)発売
・CD+DVD盤 / ¥3,000+税 / PCCN-00033
・CD only盤 / ¥2,500+税 / PCCN-00034
・アナログ盤(初回生産限定)重量盤2枚組 / ¥4,000+税 / PCJN-00002
先着予約購入特典:オリジナル“Journey”ノート

【収録予定楽曲】
M1. SOUL FRIENDLY
M2. DANDY MAN
M3. TM St.2am
M4. SARAH 派手にやれ!
M5. TIMELESS WONDER
M6. 北夜色 Port Town Blues(TAK MATSUMOTO作曲)
M7. do svidaniya
M8. 鼓動
M9. やすらぎのチセ
M10. Swingin’ Tokyo 2020

【DVD収録内容】
・[やすらぎのチセ] MUSIC VIDEO
・[やすらぎのチセ] MUSIC VIDEO Making

<GLAY TAKURO Solo Project 3rd Tour“Journey without a map 2019”>

2019年
3月14日(木) 福岡・Zepp Fukuoka 開場18:30/開演 19:00
3月16日(土) 広島・BLUE LIVE HIROSHIMA 開場17:30/開演 18:00
3月18日(月) 大阪・Zepp Namba 開場18:30/開演 19:00
3月20日(水) 愛知・Zepp Nagoya 開場18:30/開演 19:00
3月22日(金) 新潟・新潟LOTS 開場18:30/開演 19:00
3月26日(火) 東京・Zepp Tokyo 開場18:30/開演 19:00
3月29日(金) 宮城・SENDAI GIGS 開場18:30/開演 19:00
3月31日(日) 北海道・函館・金森ホール(1st Stage)開場16:00/開演 16:30
3月31日(日) 北海道・函館・金森ホール(2nd Stage)開場19:30/開演 20:00
[チケット一般発売] 2019年2月頃を予定

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス