KREVA、<完全1人ツアー>Zepp DiverCityでの再・追加公演が決定

twitterツイート


KREVAが昨年12月に行なっていた<完全1人ツアー2018>が、再・追加公演<完全1人ツアー2018+1>として1月28日(月)にZepp DiverCity (TOKYO)で開催されることが発表された。

多くの音楽ファンからの要望を受け、急遽決定した今回の再・追加公演。いわゆるDJ、バンド、マニュピレーターも居ない、KREVAが全ての機材を一人で操って音楽を奏でるライブは2007年<KREVA CONCERT TOUR ‘07〜K-ing〜 ノンゲストデー>からその歩みが始まっている。

その後2014年の<KREVA〜完全1人武道館〜>で、ヒップホップに興味のない人にどう伝えていくのか?もっと考えて行かなければいけないと、常に思っていたKREVAは、新たな挑戦に出た。機材の進化もあり、サンプリングで創るヒップホップが全盛期だった時とは違い、自身の楽曲制作には必要不可欠なサンプラー機材のMPCを使っての「押し語り」を披露。また「47都道府県ラップ」を教材に、正しい韻の踏み方、韻を踏む技術などを解りやすく楽しく講義する「ライミング講座」、ビートメイク方法を紹介し、その場でビートを録り重ねていきながら楽曲を完成させるなど、スキルの高さもあるが自由自在にユーモアを交えながら、音楽制作の楽しさ、面白さを表現してきた。

そして2018年には、機材のテクニックだけではなく、自身が常日頃、楽曲制作をする様をコーナーごとにテーマを決めて、解説しながらライブしていくというスタイルに。「DJ」とは?「DJ機材の使い方」から始まり、新しい機材の紹介をしながら、どうやったらこういう音が作りだされるのか?など惜しみもせず、目の前で会場に集まったオーディエンスに解説し、生でライブをし実践する。その卓越したスキルと、音楽の楽しさ・音を作る面白さを(音楽玄人から素人までを問わず)万人に伝えるためのステップをつくるKREVAの類まれなるバランス感覚には目を瞠るものがある。

進められていくステージは、ストーリーがあり、とにかくKREVAの説明は解り安く、ユーモアに溢れ、楽しい授業のようだ。深い音楽への愛情を感じる「完全1人」公演は1音1音、音楽愛に溢れた空間となっている。

なお、チケット一般発売日は1月19日(土)。それに先駆け、今週末の1月12日(土)よりオフィシャルサイトにて先行受付がスタートする。

<完全1人ツアー2018+1>

2019年1月28日(月) Zepp DiverCity (TOKYO)
問:ディスクガレージ 050-5533-0888
全席指定:7,800円(税込) ※別途・ドリンク代500円
立見席:7,300円(税込)  ※別途・ドリンク代500円
チケット=1月19日(土) 12:00〜一斉発売
オフィシャルHP先行 1月12日(土)18:00〜14日(祝・月)23:59

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報