【ライブレポート】mono palette.、熱狂と感動の涙のO-EAST「今より何十倍もカッコいいあげいんになる!」

twitterツイート


mono palette.が、12月26日に東京・TSUTAYA O-EASTにてワンマンライブ<mono palette.-Black Paints->を開催した。オフィシャルから届いたライブレポートを掲載する。

あげいん、Rim、雪見、3部からなるmono palette.(モノパレット)は、動画投稿サイトで歌い手として活動している男性ボーカルグループ。この日は2019年1月より放送開始するTVアニメ「不機嫌なモノノケ庵 續」オープニングテーマを収録した1stシングル『ロングタイムトラベラー』の発売日。全曲バンドセットで行われたライブでは、約1000人のファンを前に同シングル収録曲を初披露したほか、リーダーのあげいんが一時活動休止を発表する中、メンバーの固い絆を再確認する一夜となった。




ダンサブルなSEが鳴り響くなか、3部、あげいん、Rim、雪見と登場すると会場のボルテージは最高潮に。そしてライブは初お披露目の楽曲「金星のダンス」で幕を開けた。続く「厨病激発ボーイ」ではイントロでメンバーがポーズを決め、黄色い大歓声を浴びながらキュートな振りで盛り上げると、Rimは投げキッスをしたり、3部と抱き合ったりと彼ららしく自由奔放に熱狂空間を生み出していく。あげいんは「『mono palette.-Black Paints-』へようこそ。皆さんモノパレに会いたかったですかー?」とファンにマイクを向けると「今日は僕たちが皆さんを幸せにします」と宣言し「weeeek」を披露。そして発売前夜にMVを公開したばかりの「アンダーカレント」をたたみ掛ける。グループとして初の試みとなる全員でのダンスパフォーマンスは極めて高い熱量で客席を飲み込み、mono palette.の新たな可能性を提示した。そしてあげいんとRimのタッグで1stシングル収録曲の「ID」を届けたあとは、ソロパートへ。雪見がモノパレには珍しい“バラードタイム”をアナウンスし、特別な一日を飾っていく。




「メリークリスマス!」とサンタ帽を被ったメンバーに、会場いっぱいの「かわいい!」が沸き起こると、プレゼントコーナーと題した企画へ突入。それぞれが持ち寄ったプレゼントを、ゲームに勝利したメンバーから選んでいくことに。まず会場に集まった1000人のファンから1人を探し当てる“1/1000ゲーム”に挑戦すると、あげいんが「(フラゲ日の)昨日カラオケで『ロングタイムトラベラー』をフルで歌った人」のお題で3人まで絞り一抜け。思い思いの身体の部位に装着した“数を稼げ万歩計ゲーム”で3部が抜けると、残った雪見とRimは、嘘をつくと電流が流れる “メンバー嘘発見器ゲーム”で直接対決。質問に「はい」で返答し、電流が流れたら負けの勝負で「雪見のことは嫌いですか?」の問いに「はい」と答えたRimには電流が流れず、気まずげにRimがフォロー。そして「Rimといて楽しいですか?」の問いに「はい」と答えた雪見に電流が走り、結果傷つけあいながら勝者はRimとなった。

プレゼントを開封し、和気あいあいとコーナーを締めくくると、雪見と3部の「PLATONIC GIRL」でライブを折り返す。その後はRimと3部による「ロキ」や、あげいんと雪見による「夢ファンファーレ」と組み合わせを変えながらファンを楽しませる。その後ステージにひとり残ったあげいんの口から「真面目な話を」と、声帯ポリープ手術で活動を一時休止することを発表すると、静まり返る会場に「(この夏の)ツアーが終わる頃に全く声が出なくなった」と告白。メンバーとも相談しながら、モノパレとして、あげいんとして活動を続けていたが「世界で一番好きな歌が歌えなくなることが寂しい。これから何十年先も歌っていきたい」と決断したという。そして来年5月のツアーまで治療に専念すると語り「スーパーマンになって帰ってくる!今より何十倍もカッコいいあげいんになる!」と力強く宣言すると、節目の自らを見届けてほしいと「タイムマシン」を熱唱。「僕がいない間は3人が頑張ってくれる」とモノパレの絆を感じさせるライブで、フロアをメンバーカラーの赤に染め上げた。


▲あげいん


▲Rim


▲雪見


▲3部

涙を溢れさせた雪見、声を震わせるRimと再登場し、3部が「(5月は)復帰の意思表明のツアーだと思うので、今まで以上のあげいんになって帰ってきてください。手術のリスクを跳ね除けて帰ってきてくれると信じてます。」とエールを送る。あげいんは「絶対俺が泣いちゃうと思ったらお前らが泣いてるじゃん」と涙混じりの笑顔で語り、メンバーのことを互いに思い合う暖かい空間に会場が包まれた。本編のラストは「ロングタイムトラベラー」。4人の絆を感じさせる歌詞が楽曲の世界観をより一層ふくらませ、「君の隣で僕はよかった」という歌詞とメンバーの想いが1,000人のファンの心に溶け込んでいきながら本編はラストを迎えた。



本編が終了すると、珍しい事態が起こった。終了後、一向にアンコールが起こらなかったのだ。それは決して悲観的な光景でなく、涙を流して声をだすことが出来ないような感動に包まれていたから。しばらく時間を空けて始まったアンコールを受け、「ロメオ」で再登場。3部は「5月ツアーでO-EASTに帰ってきた時には、客席も肩車で二段になってるかも」と冗談めかしつつ、あげいん復帰とあわせて未来に意欲を燃やす4人。最後は肩を組みながら「脱法ロック」を明るく届けて、名残惜しそうにライブは大団円で幕を下ろした。

撮影=Viola Kam (V'z Twinkle)

【SETLIST】

mono palette.-Black Paints-
日時:2018年12月26日(水) OPEN17:00/START18:00
会場:東京・TSUTAYA O-EAST
出演:mono palette.

M1. 金星のダンス
M2. 厨病激発ボーイ
M3. weeeek
M4. アンダーカレント
M5. ID
M6. プロトディスコ
M7. スロウダウナー
M8. ビーストインザビューティ
M9. 愛鍵
M10. 「ねぇ。」
M11. end tree
M12. おはよう。
M13. PLATONIC GIRL
M14. ヒバナ
M15. ストリーミングハート
M16. マリオネットラヴァーズ
M17. 一騎当千
M18. ハローディストピア
M19. Greed Greed Greed
M20. ロキ
M21. 夢ファンファーレ
M22. タイムマシン
M23. ロングタイムトラベラー
Enc1. ロメオ
Enc2. 脱法ロック



■mono palette. 1st Single「ロングタイムトラベラー」

2018年12月26日(水)
COCC-17546 限定盤(1800円+税)*p-chan描き下ろしmono palette.絵柄
COCC-17547 通常盤(1200円+税)*原作者ワザワキリ先生描き下ろし絵柄

<限定盤>
1.ロングタイムトラベラー(作詞・作曲・編曲:堀江晶太)
*TVアニメ「不機嫌なモノノケ庵 續」オープニングテーマ
2.アンダーカレント(作詞・作曲:星銀乃丈 編曲:神田ジョン)
3.ID(作詞・作曲:ぷす Rap 詞:nqrse 編曲:西坂恭平)
4.PLATONIC GIRL(作詞・作曲:みきとP 編曲:山口たこ)
5.ロングタイムトラベラー (off vocal)
6.アンダーカレント (off vocal)
7.ID (off vocal)
8.PLATONIC GIRL (off vocal)

<通常盤>
1.ロングタイムトラベラー(作詞・作曲・編曲:堀江晶太)
*TVアニメ「不機嫌なモノノケ庵 續」オープニングテーマ
2.アンダーカレント(作詞・作曲:星銀乃丈 編曲:神田ジョン)
3.ロングタイムトラベラー (off vocal)
4.アンダーカレント (off vocal)

■<mono palette. Spring Tour 2019 -amorous petal->

2019年5月3日(金) 大阪・BIGCAT
OPEN17:00/START18:00
チケット料金:オールスタンディング4,500円(税込)

2019年5月4日(土) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
OPEN17:00/START18:00
チケット料金:オールスタンディング4,500円(税込)

2019年5月19日(日) 東京・TSUTAYA O-EAST
[1部]OPEN14:00/START15:00 [2部] OPEN18:00/START19:00
チケット料金:オールスタンディング4,500円(税込)

CD封入シリアル受付期間:2018年12月25日(火)10:00~2019年1月17日(木)18:00

■TVアニメ『不機嫌なモノノケ庵 續』

[放送情報]
TOKYO MX:2019年1月6日(日)より毎週日曜22:00~
サンテレビ:2019年1月6日(日)より毎週日曜23:30~
BSフジ:2019年1月8日(火)より毎週火曜24:30~
AT-X:2019年1月5日(土)より毎週土曜21:00~
※AT-Xは地上波よりも先行での放送となります

アニメ公式ホームページ
http://mononokean.tv/

アニメ公式Twitter
@mononokean_tv

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon
amazon