全米アルバム・チャート、21 Savageが初の1位

twitterツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、ラッパー、21 Savageのセカンド『I Am > I Was』が初登場で1位に輝いた。2017年にリリースしたデビュー・アルバム『Issa Album』の最高位は2位、オフセットとMetro Boominとのコラボレーション『Without Warning』は4位で、これが彼にとって初の全米No.1となった。

◆21 Savage画像

2位には、同じくラッパー、A Boogie Wit Da Hoodieのセカンド『Hoodie SZN』が初登場。マイケル・ブーブレが2011年に発表したクリスマス・アルバム『Christmas』が4位から3位へ浮上し、代わって、レディー・ガガとブラッドリー・クーパー主演の映画『アリー/ スター誕生』のサウンドトラックが3位から4位へ後退した。

今週は時節柄、クリスマス関連のアルバムの人気が高く、ナット・キング・コールが60年代初めにリリースした『The Christmas Song』が7位、マライア・キャリーの『Merry Christmas』(1994年)が8位に再エントリーしている。ナット・キング・コールの作品がトップ10入りするのは、1965年5月(『Ramblin’ Rose』 7位)以来だという。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報