いきものがかり、新曲を携えソフトバンクCMに登場。宮本浩次は野武士姿披露

ツイート

いきものがかりの新曲「WE DO」をテーマソングに起用したソフトバンクの新CM“「しばられるな」篇”が、本日1月1日より全国で放映開始となる。

◆CM画像

同CMは、広瀬すず、宮本浩次(エレファントカシマシ)、田中圭、吉沢亮、清原果耶をイメージキャラクターに迎えた新CMシリーズの第1弾として放映されるものだ。“しばられるな”のコンセプトのもと、キャスト5人がそれぞれの常識や制限から解放され、新しい時代へ向けて第一歩を踏み出す姿をオリジナルのテーマソングに乗せてスタイリッシュに描いていく。

いきものがかりは今回、書き下ろしの新曲「WE DO」の提供と共に、自らCM本編にも出演。俳優陣が披露する華麗なアクションや、野武士姿の宮本浩次が意外な技で相手を倒す殺陣シーンに加えて、サイバーパンク調のコスチュームに身を包んだ3人の演奏シーンも見どころとなっている。






新CMの情報とあわせて、「WE DO」の配信リリースも発表された。昨秋“集牧宣言”を行なったいきものがかりにとって、これが活動再開後初の配信作品となる。なお、本CMシリーズでは今後も様々なアーティストとのコラボレーションが予定されているということなので、そちらもお楽しみに。

   ◆   ◆   ◆

■いきものがかり インタビュー

──ソフトバンクの新テレビCM第1弾のテーマソングとなる「WE DO」のポイントをお聞かせください。

水野良樹(以下、水野):“しばられるな”がテーマだったので、自分たちで作り上げていくとか、動き出していくという感じが出せればいいかなと思って作りました。わりとパワー感のある曲になったと思います。

吉岡聖恵(以下、吉岡):すごく明るくて、パワフルだし、私は《さぁ世界さん、新しくなりましょう》というのが、周りも自分もパッと明るく変われる、すごく印象的な曲だなと思いました。

水野:実はこの曲の締め切りの時、ウイルス性胃腸炎になりまして。体調的にすごく大変な中、生き残らなきゃみたいな気持ちで、そのパワーがちゃんと曲にでています(笑)。

吉岡:体が新しくなりたかったのかもね。よかったね(笑)。

──本テレビCMは再始動後初のテレビCMかと思いますが、2019年はどのような年にしたいですか?

吉岡:この曲が2019年で一番最初に皆さんに聞いていただけるものとなります。すごく弾けた明るい楽曲を届けられると思うので、この曲の通り、楽しく、開放的に健康的な一年にしたいですね。

水野:初めてのこと、新しいことを、たくさんさせてもらえる年になればと。

山下穂尊(以下、山下):今回の衣装も、今までにない雰囲気だもんね。

吉岡:珍しいというか、かっこいい感じです。

水野:あと、テレビCM 撮影の後、写真撮影の中で、カメラマンの方にみんなで肩を組んで、と言われたんです。結成20年になる今まで、肩を組んだことがなかったんですけど、あのテンションの流れで何となく組んでしまったよね(笑)。だから、2019年は新しいことが起きればいいなと思います。

山下:2018年に“集牧”をしましたので、再始動で、いきものがかりとしてはもちろん、3人それぞれでも新しいことに挑戦できる一年にしたいと思います。

──2019年、なにか挑戦していきたいことはありますか?

吉岡:肉じゃがをつくってみたい。

水野:そっち(笑)? “放牧中”にやってよ。3人でのコーラスが増えていて、今回のCMでもあるのですが、音楽的には3人でのコーラスとかに挑戦していきたいです。


▲いきものがかり「WE DO」

   ◆   ◆   ◆

■CM情報

ソフトバンク 新テレビCM 「しばられるな」篇(60 秒)・(30 秒/3 種類)
出演: 広瀬すず/宮本浩次/田中圭/吉沢亮/清原果耶/いきものがかり
テーマソング: 「WE DO」(いきものがかり)
放映開始日: 2019年1月1日(火・祝)から順次放映
放送地域: 全国

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス