【対談】フルカワユタカ×ハヤシヒロユキ[POLYSICS]、コラボ曲に類似/相違点くっきり「なんで仲がいいって思われることを頑なに拒むの?」

ツイート

■えっ!? 黙ってないよ?
■それ、ちょっと話盛ってない?

──そんな仲のいい2人でも(笑)、共作は今回が初めてだったんですよね。どうやって曲作りを進めていったのですか?

フルカワ:他の2人 (原昌和/安野勇太)のときは、僕がデモを送って、それに手を加えて返してもらってという形でした。お互いの役割分担も自然と出来ていたから、メロディとコード進行を送れば、アレンジを返してくれるというやり方だったんです。でも、ハヤシくんの手法って、もちろんメロディメーカーではあるけれども、POLYSICSの音楽って、そことは違うじゃないですか。だから、どう進めていけばいいのか、そこはお互いに掴みきれていなくて、ただ“打ち込み”っていう共通のキーワードがあったので、お互いにデモを送りあって、「これ、いいね」という風な流れで作っていったんですけれども。

▲ハヤシヒロユキ[POLYSICS]

ハヤシ:最初に「こんなのイメージしてみたんだけど」っていうデモを送ってくれたよね。本当の一発目に。

フルカワ:そう。2曲送ったんだよね。

ハヤシ:それが縦ノリのパンクっぽい曲で、「いいじゃん!」って思ったから、そこに僕が、ピコピコ成分を足して。シーケンスを加えて送り返したんだよね。

フルカワ:ちょっとアバンギャルドな感じのね。それがすごくよくて、だから僕はてっきり、その曲をそのまま仕上げていくもんだと思って、ハヤシくんのスタジオに乗り込んだわけですよ。そうしたら、ハヤシくんが別のデモを用意してくれていて。

ハヤシ:「こういうのもあるよ」っていう、一応、別のネタも作っておこうかなと思って。ワンフレーズしかないものだったり、リフっぽいものを組み合わせたようなデモを、何パターンか用意しておいて。

フルカワ:ただ、そのデモを聴いた時に、今から新たに作っていくには時間がないし、あと、ハヤシくんのデモは、僕にはちょっとアバンギャルドすぎたんですよ。だからちょっと、僕が黙っちゃって。それで、「いやいや、ハヤシくんが手を加えてくれた最初のデモをもう1回聴こうよ」と言って。それで聴いていたら、今度はハヤシくんが黙っちゃって。

ハヤシ:えっ!? 黙ってないよ?

フルカワ:いやいや、2人とも黙っちゃった。最初のデモ、何であれだけカッコよくしてくれたのに、「これをこのまま仕上げていこう」ってならなかったの?

ハヤシ:いやいや、だってフルカワくんが、「これでいこう」って言わないから。

フルカワ:いや、明らかに、「これはないよ」って空気出してたから(笑)。

ハヤシ:ええっ、そんなことないよ(笑)。

フルカワ:本当に!? いや、でも僕はちょっと「このデモで」と言ってみたんですよ。そうしたらハヤシくんが、「これで共作って言えるかな」って、ボソッと言ったんです。「共作って、どういうことだろうね」って。

ハヤシ:それ、ちょっと話盛ってない(笑)?

フルカワ:ないない! だから曲が出来た後に飲みに行った時も、「(コラボ自体が)終わったと思った」って話をしたじゃない。

ハヤシ:違う違う(笑)。今の話、途中を省略してるけど、その間に、もっと面白いことがあって。

▲ハヤシヒロユキ[POLYSICS]

──では、ここからはハヤシさん証言時間ということで(笑)。

ハヤシ:お互いにやり取りして形になった最初のデモが1個あるから、何となく、セッションでもうひとつ、違うことをやってみようかって話になったじゃん?

フルカワ:うん。それはやった。

ハヤシ:で、僕が打ち込んだトラックを流して、フルカワくんがベースを弾いて。それをループさせながら、パーカッションを入れたりして、セッションしたんだよ。

フルカワ:あのセッションはよかったね。でもさ、そのセッションは、もう扉が開いた後の話じゃん? その後に、もう1回つまづくんだっけ?

ハヤシ:つまづくんだよ。セッションがある程度の形になって、サビ以外が出来たんだけど、でもそこから進まなくなって。それで、一旦休憩しようって、コーヒーを飲みにいったじゃない。

フルカワ:違う違う。ハヤシくん、全然違う(笑)。

ハヤシ:そうだって(笑)。今、オレが話す時間なんだから(笑)。

フルカワ:はいはい、じゃあ、どうぞどうぞ。全然違うけど、話を続けて(笑)。

ハヤシ:ははは。そこでコーヒー飲みながら、一度頭をリフレッシュして。それでユニコーンのビデオとか見たじゃん。

フルカワ:それは見ました。覚えてる。でも、全然違う。

ハヤシ:ははは。で、そうこうしながら、やっとサビのリフだけが出来た時に、ここからさらにメロウにいくのか、より盛り上げていくのか、どっちにしようかっていう話になって。僕は、LCD Soundsystemみたいな、コーラスにカッコいいリフが重なって、そこに1個、何かキーワードが乗れば、もうそれでいいんじゃないかって思ってたんだよ。でも、フルカワくんは、さらにもうひと押し欲しいという感じで。そこで結局、LCD Soundsystem路線でいこうという話になって、あのサビが出来上がったんだよ。

フルカワ:それがハヤシくんの記憶ね。じゃあ今度は、僕の記憶を喋ってもいい? 全然違うから(笑)。

◆インタビュー(3)へ
◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート

この記事の関連情報