ジョージ・リンチ、グレタ・ヴァン・フリートを擁護「俺の方がもっとパクッてる」

twitterツイート

ジョージ・リンチが、興行的にも成功し人気があるにも関わらず、レッド・ツェッペリンのパクリと批判されることもあるグレタ・ヴァン・フリートを擁護した。

◆ジョージ・リンチ画像

リンチは、『Maters Of Shred』のインタビューでこう話した。「俺だってパクッてるよ。みんな、そうだ。だからどうした? 認めろよ。そういうもんだろ。俺は、グレタ・ヴァン・フリートよりもっと多くを盗用してる。裁判所で会おうぜ。グッド・ラックだ。俺には本当に優秀な弁護士がついてるんだ。(映画『三バカ大将』シリーズに登場する)Dewey, Cheatem & Howeだ。聞いたことあるだろ?」

グレタ・ヴァン・フリートは2018年秋にデビュー・アルバム『Anthem Of The Peaceful Army』を発表。全米3位をマークした。

前年リリースしたEP『Black Smoke Rising』『From The Fires』により、2月に開催される第61回グラミー賞で、最優秀ニュー・アーティスト、最優秀ロック・パフォーマンス(「Highway Tune」)、最優秀ロック・ソング(「Black Smoke Rising」)、最優秀ロック・アルバム(『From The Fires』)の4部門で候補に挙がっている。

また、グレタ・ヴァン・フリートは間もなく来日。1月21日(月)大阪・Zepp Osaka Bayside、24日(木)東京・Zepp DiverCity (TOKYO)、25日(金)東京・新木場STUDIO COASTで公演を開く。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報