ミラ・カリックス、WARPからは10年ぶりとなるEPリリース+新曲MV公開

twitterツイート


レディオヘッドのサポートアクトへの抜擢やボーズ・オブ・カナダのリミックスなどで話題を呼び、初期よりWARPの屋台骨的な活躍をしてきたミラ・カリックスが、WARPからは実に10年ぶりとなるEP『utopia』を1月25日に発売することが発表された。あわせて、EP収録曲「rightclick」のミュージックビデオが公開されている。

◆「rightclick」MV映像

同EPに関して、自身は下記のように語る。

  ◆  ◆  ◆

このEP制作のように、自分にタイム・リミットや厳しいルール、幅の狭い音の種類を与えること、ライター、プロデューサー、ミュージシャンとして完全に自主的に取り組むことはとても新鮮だった。それはある意味で自分のルーツ、〈WARP〉から初めて10インチのヴァイナルをリリースした時に戻ってくるような感じだけれど、全く新しいもののような遊び心があるようにも感じたわ。
── Mira Calix

  ◆  ◆  ◆

彼女の最近のプロジェクトは、野心的な合唱音楽作品やパフォーマンス・アーティスト、独特なスピーカー拡散システムなどを取り入れたサウンド・インスタレーションといった活動が中心だ。10年ぶりとなるWARPからのリリースに関しては、自身が「全く新しいもののような遊び心があるようにも感じた」と語るように、フレッシュさを感じさせる内容だという。

EPは1月25日にアナログとデジタル配信でのリリースを予定しており、iTunes Storeでアルバムを予約すると公開中の「rightclick」がいち早くダウンロードできる。


■mira calix『utopia』

2019/01/25 FRI ON SALE
label:Warp Records
more info:
http://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=10043
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報