ザ・フー、2019年に13年ぶりの新作をリリース予定

twitterツイート

ザ・フーは今年、オーケストラと北米ツアーを開催するだけでなく、ニュー・アルバムのリリースも計画しているそうだ。彼らのオリジナル・スタジオ・アルバムは、2006年に発表した『Endless Wire』以来となる。

◆ザ・フー画像

ギタリストのピート・タウンゼントは、『Rolling Stone』誌のインタビューで、「僕は、新曲がなければ(ツアーの)契約は結ばないって言ったんだ」と話した。「ヒット・アルバムが欲しいってわけじゃない。ザ・フーはニュー・アルバムを必要としているっていうのとも無関係だ。純粋に個人的な想いだ。僕のプライド、ライターとしての自尊心からだ」

彼はすでに15曲ほどのデモを制作していると言い、「ダークなバラード、ヘヴィなロック、エクスペリメンタルなエレクトロニカ、サンプリング、迷走するギターで始まるザ・フーらしい曲がある」そうだ。

ザ・フーは日曜日(1月14日)、5月から公演先各地のオーケストラと共演する<Moving On!>北米ツアーを開催することを発表した。タウンゼントの弟サイモン(G)、Loren Gold(Key)、Jon Button(B)、ザック・スターキー(Ds)が参加し、秋までに29公演を予定している。


Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス