レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、カリフォルニア山火事により新曲作り中断

ツイート

レッド・ホット・チリ・ペッパーズは、昨年、『The Getaway』(2016年)に次ぐニュー・アルバムのためにライティング・セッションを始めたが、11月に米カリフォルニアで発生した大規模な山火事により中断せざるを得なくなったという。

◆チャド・スミス画像

ドラマーのチャド・スミスは、SiriusXMにこう話した。「やり始めたんだよ。一室に集まって、ノイズを出し、まとめてた。そしたら、火事が起きて…。俺ら、1軒の家の中で作業してたんだ。家にダメージはなかった。燃えることはなかった。でも、戻ることはできず、中断した」

バンドは日曜日(1月13日)、被災者を支援しロサンゼルスで開かれた慈善公演<Malibu Love Sesh>に出演した。スミスは、この公演について「楽しかった。いいヴァイブだった。俺ら、来てくれてたくさんのお金を出してくれた人たちみんなに、ホント感謝している。安いチケットではなかったからね。でも、それらのお金すべてが火事の被害に遭った人たちの元へ届く」と話した。

「俺とアンソニーはPoint Dumeに住んでて、あの地域では70軒もの家が燃えた。ラッキーなことに俺らの家は大丈夫だったが、心が痛いよ。だから、何かしたかったんだ」

<Malibu Love Sesh>にはベック、ジャック・ブラック、セイント・ヴィンセントらが出演した。

レッド・ホット・チリ・ペッパーズはこの夏、<SUMMER SONIC 2019>で来日する。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス