<SATANIC CARNIVAL'19>、6月に幕張メッセ2DAYS開催決定

twitterツイート

<SATANIC CARNIVAL'19>が6月15日および16日の2日間、幕張メッセ国際展示場9-11ホールにて開催されることが発表となった。

◆<SATANIC CARNIVAL’19> 画像

<SATANIC CARNIVAL>は2014年にパンク、ラウドロック、ハードコアの新たなシーンのフェスとしてPIZZA OF DEATH RECORDSが立ち上げたもの。2017年には幕張メッセ国際展示場9-11ホール2DAYSに規模を拡大したほか、現在まで5年連続ソールドアウトを記録しているなど、シーンの支柱的存在として、またアーティストとオーディエンス双方の“居場所”として、“皆で作り上げ、皆で守ってゆく”、他には類を見ないフェスに成長している。

前述したとおり、2019年も幕張メッセ国際展示場9-11ホール2DAYSによる開催が決定した。「更に広がっていくシーンを余すことなく堪能できる二日間になるよう、そして出演アーティストのみならずそのシーンに根付くストリートカルチャー、マインド、多様性、それら全てを包含し、いつまでも新たな発見を提示し新旧大小問わずシーンの真髄であれるよう、更に進化し改めて身を引き締めて参ります」とは主催者のコメントだ。

出演アーティスト第一弾発表は2月上旬頃に行われる予定とのこと。お楽しみに。

■<SATANIC CARNIVAL'19>

6月15日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月16日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
※第一弾アーティストは2月上旬頃発表予定

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報