ルートヴィッヒ・ヨーランソンとマイク・ウィル・メイド・イットが語る『クリード』特別映像

twitterツイート

ルートヴィッヒ・ヨーランソンとマイク・ウィル・メイド・イットが映画『クリード 炎の宿敵』(公開中)の音楽について語る特別映像が公開された。

◆『クリード 炎の宿敵』特別映像、画像

『クリード 炎の宿敵』は、2015年に『ロッキー』シリーズの新章として公開された『クリード チャンプを継ぐ男』の続編。ロッキーの指導のもと世界王者に上り詰めたアドニス・クリードが、かつてリングで父・アポロの命を奪ったボクサー、イワン・ドラゴの息子との因縁の対決に臨むというストーリーだ。



今回の特別映像は、本作のスコアを担当したルートヴィッヒ・ヨーランソンと、イメージアルバム『クリード 炎の宿敵:ザ・アルバム』のプロデュースを手がけたマイク・ウィル・メイド・イットのふたりのインタビューを軸に構成されたもの。マイクが「ルートヴィッヒとなら最強のデュオになると感じた。俺たちで常識を破りたかった。だから、甘辛くブレンドさせた音楽を作り上げたんだ」と語るコラボレーションの舞台裏をはじめ、ルートヴィッヒが“一番難しかった”というアドニスのトレーニングシーンの音楽や、ふたりも絶賛するビアンカ役のテッサ・トンプソンの歌声など、熱いドラマを彩るクールなサウンドの魅力に触れられる映像となっている。




『クリード 炎の宿敵』

丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他 上映中
出演:シルベスター・スタローン、マイケル・B・ジョーダン(『ブラックパンサー』)
監督:スティーブン・ケイプル・Jr.
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:www.creedmovie.jp
(C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報