『ボヘミアン・ラプソディ』、アカデミー賞で5部門の候補に

twitterツイート

1月22日、第91回アカデミー賞の候補が発表され、レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー主演の『アリー/ スター誕生』が、今年最多の10部門で候補に挙がった『ROMA/ローマ』『女王陛下のお気に入り』に次ぐ8部門で、クイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』が5部門でノミネートされた。

◆第91回アカデミー賞 関連画像

『ボヘミアン・ラプソディ』は、作品賞、主演男優賞(ラミ・マレック)、編集賞、音響編集賞、録音賞の候補に挙がった。作品賞では『ブラックパンサー』『グリーンブック』『ブラック・クランズマン』『ROMA/ローマ』『アリー/ スター誕生』『バイス』『女王陛下のお気に入り』と競う。

レディー・ガガは主演女優賞にノミネートされ、『アリー/ スター誕生』はこのほか、主演男優賞(ブラッドリー・クーパー)、助演男優賞(サム・エリオット)、作品賞、脚色賞、撮影賞、歌曲賞、録音賞でノミネートされた。

音楽部門では、作曲賞に『ブラックパンサー』『ブラック・クランズマン』『ビール・ストリートの恋人たち』『犬ヶ島』『メリー・ポピンズ リターンズ』、歌曲賞に『アリー/ スター誕生』から「Shallow」、『バスターのバラード』から「When A Cowboy Trades His Spurs For Wings」、『ブラックパンサー』から「All The Stars」、『メリー・ポピンズ リターンズ』から「The Place Where Lost Things Go」、『RBG』から「I’ll Fight」が候補に挙がっている。




第91回アカデミー賞の授賞式は2月24日(日本時間25日)にロサンゼルスで開かれる。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報