銀杏BOYZ、音楽と歌を純粋に届けた2度目の日本武道館公演

ツイート
PR

銀杏BOYZ初の日本武道館公演(2017年10月13日)のライヴ中に早くも次回に対する意欲を口にしていたが、ついにその日がやって来た。2019年1月15日に開催された<世界がひとつになりませんように>は、開演前の客入れ中に峯田和伸(Vo&G)が尊敬する編集者・エッセイストである末井 昭(T.Sax)擁する5人組バンド、ペーソスがオープニングアクトで登場。バンド名の通り、中年期ならではの“哀愁”を落とし込んだ歌謡性の高い曲調を会場に染み渡らせ、ラスト曲では観客からハンドクラップも起きる好リアクション。約20分ほどの演奏を終え、時計の針が18時半を指すと、まずは峯田がアコギを持ってひとりで姿を見せた。“この日をどんだけ待ったか。2003年1月15日にGOING STEADYが解散して、1月15日は誕生日であり、葬式であり、結婚式でもあり、特別な日”と冒頭から切々と語った後、「生きたい」で本編スタート。スクリーンには悟りの境地を拓いたような峯田の精悍な表情が映し出される。その凛とした佇まいには、静なる激しさが渦巻いているようだった。続いて「若者たち」に突入すると、サポートメンバーの山本幹宗(G)、加藤綾太(G)、藤原 寛(B)、岡山健二(Dr)とともに束になって攻め、アリーナには拳を突き上げる観客が増え始める。次の「駆け抜けて性春」では暴走するビートに乗り、峯田は叫びまくり、フロアの沸点を一気に押し上げていく。


取材・文:荒金良介
撮影:村井 香
DiGa:Online
この記事をツイート

この記事の関連情報