リロイ・ハトソン、最後のジャパン・ツアー開催へ

twitterツイート



70年代のニューソウル・ムーブメントの一翼を担った伝説的なソウル・シンガー/プロデューサーのリロイ・ハトソンが、最後のジャパン・ツアーを開催するという。4月29日(祝・月)にビルボードライブ大阪、5月1日(祝・水)&5月2日(祝・木)にビルボードライブ東京にて行われる。

1971年、カーティス・メイフィールドに代わってインプレッションズのリード・ヴォーカルを務めた後、1973年にソロ・デビューし、メロウ・グルーヴとソフトな歌声が理想的に合わさった『ハトソン』など傑作を残したほか、盟友ダニー・ハサウェイがヒットさせた「The Ghetto」の共作者としても知られているリロイ・ハトソン。近年では、Curtom Recordsでのキャリアを総集したアルバム『アンソロジー 1972-1984』をリリースしている。さらにここ日本では、ハイクオリティーの音質をより楽しめるSHM-CD仕様の日本盤『ラヴ・オー・ラヴ』をはじめ、『ハトソン』『ハトソン2』『ザ・マン!』『クローサー・トゥ・ザ・ソース』『アンフォゲッタブル』がリイシューされるなど、ソウル音楽愛好家を中心に話題となった。

昨年2018年春には奇跡の初来日を果たし、ソウル・フリークたちを歓喜させたレジェンドが贈る正真正銘のラスト・ステージだ。ファンは、この機会を逃さないように。

■ショート・バイオ

米ニュージャージー州のニューアーク出身のソウルシンガー/プロデューサー。 10代のころより音楽活動を開始。後にドゥーワップ、ゴスペル、ソウル、R&Bを歌う音楽グループ、インプレッションズに加入し2枚のアルバムをリリースした後ソロとして活動を開始。70年代のカーティス・メイフィールド黄金期を飾ったシカゴのレーベル「Curtom」より、ビルボード・チャート入りを果たした『ラブ・ オー・ラブ』を皮切りに数々のヒット曲を世に送りだした。09年、リー・ハトソン名義で『スーズ・ユー・グルーブ・ユー』をリリース。17年11月、未発表曲2曲を収録したコンピレーション・アルバム『アンソロジー1972-1984』をリリース。18年5月、BillboardLiveにて待望の初来日公演を行い大成功を収めた。19年春、最後となるジャパン・ツアーを開催する。

■公演詳細

【ビルボードライブ大阪】(1日2回公演)
4月29日(祝・月)
1st ステージ 開場15:30 開演16:30
2nd ステージ 開場18:30 開演19:30

サービスエリア¥8,900-
カジュアルエリア¥7,900-(1 ドリンク付き)
※上記に加え別途ご飲食代が掛かります。

【ビルボードライブ東京】(1日2回公演・2DAYS)
5月1日(祝・水)
1st ステージ 開場15:30 開演16:30
2nd ステージ 開場18:30 開演19:30

5月2日(祝・木)
1st ステージ 開場15:30 開演16:30
2nd ステージ 開場18:30 開演19:30

サービスエリア¥9,000-
カジュアルエリア¥8,000-(1ドリンク付き)
※ご飲食代は別途ご精算となります。

ご予約・お問い合わせ:
ビルボードライブ大阪 予約センター:06-6342-7722
ビルボードライブ東京 予約センター:03-3405-1133

www.billboard-live.com

主催:
Billboard Live Tokyo (03-3405-1133)
Billboard Live Osaka (06-6342-7722)

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス