ロングセラーのリニアPCMレコーダーが進化、高音質USBマイクとしても使えるTASCAM「DR-05X」「DR-07X」「DR-40X」

twitterツイート

定番機としてロングセラーを続けるティアックTASCAMブランドのリニアPCMレコーダー「DRシリーズ」が、USBオーディオインターフェイス機能や文字起こし再生モードなど大幅な機能強化を加えて新登場。「DR-05X」「DR-07X」「DR-40X」の3機種が2月下旬より発売される。

「DR-05X」「DR-07X」「DR-40X」は、96kHz/24bitのハイレゾレコーディングが可能なリニアPCMレコーダー。新モデルの最大の機能強化は、全モデルに2イン/2アウトのUSBオーディオインターフェイス機能の追加。十数年にわたりオーディオインターフェイスを手がけ、プロ、アマ問わず支持を受けてきたTASCAMブランドならではの経験を基に設計。高音質ステレオマイク搭載のUSBマイクとしても機能する。

また、iPhoneなどのiOS機器のインターフェイスとしても使用可能。iPhoneでの動画撮影のほか、内蔵のリバーブエフェクトを併用すればインターネット配信での弾き語りやカラオケでの高音質マイクとして活用可能だ。


▲無指向性マイク搭載で会議録などにも気軽に使える「DR-05X」(左)と、A/B、X/Y方式が切り替えられ楽器録音に適した「DR-07X」。どちらもプラグインパワー対応の外部マイクの使用も可能。

さらに文字起こし再生モードも全機種に搭載。人の声に特価したEQプリセットで、より明瞭な声の再生を可能にし、ジャンプバック再生により、瞬時に録音ファイルを再生可能。文字起こしの際に多様する早戻し、再生の繰り返しをより手軽に行える。

ユニークなのが、カセットレコーダーのように録音できるオーバライト(上書き)録音機能。失敗したテイクを残さずに録音を進められる機能だ。1回のUndoが可能なので、前のテイクを残したい場合はその場ですぐに元に戻すこともできる。


▲内蔵マイクとXLR端子の外部入力を生かした柔軟な4トラック録音が可能な「DR-40X」。ライブ現場では内蔵マイクと外部ミキサーからのライン入力の同時録音にも。

「DR-100MKIII」で好評の白色バックライトLCDディスプレイを「DR-X」シリーズ全モデルで採用。屋外での視認性が大幅に向上したことで、野外収録においてもストレスなく設定やレベルチェックが可能だ。メニュー表示は日本語のほか、英語/スペイン語/フランス語/イタリア語/ドイツ語/ロシア語/中国語/韓国語/ポルトガル語と10カ国語に対応する。

microSDXCカードの容量は最大128GBまで対応。最長で37日間(320k/MP3)といった長時間録音が可能になったのも見逃せない。

高音質録音の要となるマイクにも抜かりはない。「DR-07X」「DR-40X」の大きな特徴である「A/B」および「X/Y」方式の切り替えが可能なステレオコンデンサーマイクは継続して装備。楽器演奏や作曲、動画用音声収録に加え、昨今爆発的な人気を集めているASMR収録にも最適。

「DR-05X」に搭載されている無指向性マイクは、より手軽なステレオ録音が可能。コンサートや楽器演奏、作曲アイデアのメモはもちろん、会議、講義、インタビュー集音にも最適だ。

その他各モデルの特徴は以下のとおり。

■DR-05X

・無指向性ステレオコンデンサーマイク搭載
・外部ステレオマイク(プラグインパワー対応)を使用可能なステレオミニMIC/EXT IN端子

■DR-07X

・A/B、X/Y方式切り替え可能な可動式指向性ステレオコンデンサーマイク搭載
・外部ステレオマイク(プラグインパワー対応)を使用可能なステレオミニMIC/EXT IN端子

■DR-40X

・A/B、X/Y方式切り替え可能な可動式指向性ステレオコンデンサーマイク搭載
・デュアルレベルレコーディング、非破壊オーバーダビングなどさまざまな機能が活用可能な4トラックモード
・+4dBuラインレベル、+48Vファントム供給に対応したロック付きXLR/TRS入力を搭載、PA/SRコンソールや外部コンデンサーマイクの接続が可能M-Sステレオマイクの使用を可能にするMSデコード機能を搭載
・別売オプション(フットスイッチRC-3F/ワイヤードリモコンRC-10)の接続が可能

製品情報

◆DR-05X
価格:オープン
◆DR-07X
価格:オープン
◆DR-40X
価格:オープン
発売日:2019年2月上旬
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス