【イベントレポート】Ryu Matsuyama、安藤裕子、Polaris、個性派3組が生んだ美しき共鳴

ツイート
PR


コンサートプロモーター・DISK GARAGEがツアーやイベントなど、さまざまなかたちで不定期に、そして、音楽のジャンルを限定せずに開催している対バンライヴイベント<共鳴レンサ>。その番外編となる<共鳴レンサ 番外編 vol.10「光と影の共鳴」>が1月18日、渋谷WWW Xで開催された。

今回の出演者は、出演順にRyu Matsuyama、安藤裕子、Polarisの3組。音楽性はそれぞれに違うものの、熱を演奏に滲ませ、観客を陶酔の境地に誘うという意味では共通していると言える3組の共演は、フィジカルないわゆるライヴハウスの盛り上がりとはひと味ふた味も違う、アダルトオリエンテッドという言葉が相応しい空間を作り出した。


取材・文:山口智男
撮影:山川哲矢

<共鳴レンサ vol.35「ナオン時々ヤロウの共鳴」>

2月18日(月)東京・TSUTAYA O-WEST
出演:nano.RIPE、アカシック、mezcolanza、中村千尋
公演情報
DiGa:Online
この記事をツイート

この記事の関連情報