SOUNDWITCH、初のカヴァーEP『THE DIVINE COMEDY』をリリース

ツイート

大阪を拠点に国内外で精力的にライヴを繰り広げてきたSOUNDWITCHが、結成以来初のカヴァー作品となる6曲入りEP『THE DIVINE COMEDY』を、1月30日にリリースする。

今回採り上げられた楽曲は、AFIの「MISS MURDER」、EVANESCENCEの「GOING UNDER」、SHAMPOOの「TROUBLE」、THE POLICEの「SYNCHRONICITY」、SOFT BALLETの「BODY TO BODY」、DAUGHTERの「MEDICINE」というヴァラエティ豊かな6曲。メンバーの様々なルーツが垣間見えると同時に、インダストリアルかつゴシック、妖艶かつポップなエレクトロ・ヘヴィ・ロックという彼らの個性も際立つ仕上がりとなっている。


また、タイトルに冠された言葉からもわかるとおり、本作はダンテの『神曲』になぞらえた、<Inferno(地獄)><Purgatorio(煉獄)><Paradiso(天国)>という3編からなる構成。それぞれの楽曲にどのような意味を持たせたのか、そんな想像も膨らむコンセプチュアルな内容としても堪能できる。

なお、本作は現時点でCDでのフィジカル・リリースのみとなっているが、先行シングルとして「BODY TO BODY」が国内外の各サイトで配信されている。

本作の発売を記念する公演が1月31日に東京・下北沢LIVEHOLICで開催される。

リリース情報

EP『THE DIVINE COMEDY』
収録曲:
[Inferno]
MISS MURDER (AFI)
GOING UNDER (EVANESCENCE)
[Purgatorio]
TROUBLE (SHAMPOO)
SYNCHRONICITY (THE POLICE)
[Paradiso]
BODY TO BODY (SOFT BALLET)
MEDICINE (DAUGHTER)
発売日:2019年1月30日
FTCA9043
\1,800 (+tax)
デジパック仕様

ライブ・イベント情報

SOUNDWITCH COVER TRACKS-EP
 THE DIVINE COMEDY Release Party
『THE DIVINE COMEDY SHOW』
日程:2019年1月31日
会場:東京・下北沢LIVEHOLIC
開場:17時30分/開演18時
チケット:前売り2400円/当日3000円(ドリンク代別途)
出演:SOUNDWITCH、リムキャット、FAKE ISLAND、 Kiss the Quartet、Velka
この記事をツイート

この記事の関連情報