オジー・オズボーン、UK/ヨーロッパ・ツアー全日程を延期

ツイート

オジー・オズボーンは火曜日(1月29日)、体調不良により、木曜日(31日)からスタート予定だったUK/ヨーロッパ・ツアーを延期すると発表した。

◆オジー・オズボーン画像

オープニング・アクトのジューダス・プリーストが月曜日(28日)、「オジーがとても酷いインフルエンザにかかっているため、オジー・オズボーン/ジューダス・プリースト・ツアーの最初のUK 4公演を延期する」と伝えていたが、病状は当初考えられていた以上に芳しくなく、ツアー全体にドクター・ストップがかかったという。

オジーは重い上気道感染症と診断され、医師はツアーを行なえば肺炎にいたる可能性もあると懸念したそうだ。

オジーは、以下のような声明を出した。「ヨーロッパ・ツアーを延期せねばならず、完全に打ちのめされている。10月以来、俺が触るもの全てがトラブルになるようだ。まずは親指のブドウ球菌感染症、そしていまはインフルエンザと気管支炎。ガッカリさせてしまったことを、長年に渡り忠実であり続けてくれたファンのみんな、バンド、クルー、そしてジューダス・プリーストに謝罪したい。しかしながら、ジューダス・プリーストとのツアーは全うすると約束する。9月に始めようと予定を組み直しているところだ。もう一度、みんなに謝る」



UK/ヨーロッパ・ツアーは1月30日~3月3日までに16公演開催されるはずだった。次回の公演は3月9日、オーストラリアでの<Download Festival>出演が予定されており、ニュージーランド・ツアーを行なった後、3月21日に日本(Download Festival)でのパフォーマンスが控えている。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報