野宮真貴、ピチカート・ファイヴ時代初にして唯一のソロAL『miss maki nomiya sings』リイシュー

ツイート


野宮真貴がピチカート・ファイヴ時代初にして唯一リリースしたソロアルバム『miss maki nomiya sings』が、3月20日にリイシューされることが決定した。

本アルバムは2000年にリリースされ、ピチカート・ファイヴの世界進出と同時期にアメリカで活躍した本田ゆか(CIBO MATTO)やテイ・トウワ、野宮のデビューアルバムをプロデュースした鈴木慶一、KISSファン同士として交流のあるHEESEY(THE YELLOW MONKEY)等々、個性あふれるプロデューサー陣によってピチカートとは異なる彼女の魅力が引き出された。アルバムの約半分はイタリア・ナポリの沖にあるカプリ島(青の洞窟で有名)でレコーディングされ、当時は日本で知る人ぞ知る存在であった「イタリアの渋谷系」とも言えるモンテフィオーリ・カクテルやVIP200といった、全世界同時多発なシンクロニシティ・アーティストたちとのコラボも行なった。

また今回はボーナストラックとして、同時期に録音していた(当時はコンピレーション盤でしか聴くことの出来なかった)入手困難な横山剣とのコラボによる「地球を七回半まわれ」も収録される。

さらに2月7日には、2016年に発売され増刷を重ねたエッセイ『赤い口紅があればいい』が文庫で発売されることも決定。国内外で多くのファンを持つファッショニスタの野宮真貴が、「簡単に美人に見える方法」を惜しげもなく明かし、多くの女性を救った名著が文庫で登場する。





■リイシュー『miss maki nomiya sings』

2019年3月20日発売
COCP-40774 2,500円+税

【収録曲】
1.スター・ストラック/本田ゆか(CIBO MATTO)
2.Baby/テイ・トウワ
3.フィオレラ・ウィズ・ジ・アンブレラ/VIP 200
4.ギンザ・レッド・ウィ・ウィ/インスタント・カフェ・レコーズ
5.アリヴェデルチ・ア・カプリ/ モンテフィオリ・カクテル
6.太陽の真下/鈴木慶一
7.Nicola/岩村学
8.トップレス・パーティ/VIP 200
9.マイ・ボサノバ/ モンテフィオリ・カクテル
10.ハードラック・ウーマン/HEESEY(THE YELLOW MONKEY)
11.地球を七回半まわれ(BONUS TRACK)/クレイジーケンバンド

■『赤い口紅があればいい
いつでもいちばん美人に見えるテクニック』

2019年2月7日発売
野宮真貴
文庫/500円+税
発行元:幻冬舎

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス