故ニック・メンザ、ドラム演奏をとらえた最後の映像の一部公開

ツイート

2014年3月、米シアトルのスタジオでニック・メンザが、メガデスの4枚目のスタジオ・アルバム『Rust In Peace』(1990年)に収録された「Holy Wars... The Punishment Due」のドラムをプレイする映像(テイク1)が公開された。

◆ニック・メンザ画像、動画

メンザは亡くなる前年(2015年)、何度かレコーディングを行なっているが、プロによりスタジオでの演奏が撮影されたのはこの時期が最後なのではと考えられている。

これまで未公開だったこの映像は、もともと、メンザがドラムを伝授するDVD『Intense Mega Drumming』のために撮られたが、その後、プロジェクトはお蔵入り。しかし今後、別プロジェクトでさらなる映像とともに活用される予定だという。詳細は間もなく発表されるそうだ。



『Intense Mega Drumming』に関しては、生前、予告編いくつかが公開されており、いまもYouTubeで見ることができる。



メンザは2016年5月21日、カリフォルニアのジャズ・クラブでパフォーマンス中、ステージ上で倒れ、心臓発作により息を引き取った。まだ51歳だった。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報