DAY6、ヨーロッパツアーが大盛況。7ヶ月間の初ワールドツアーを締めくくる

ツイート


DAY6が、ヨーロッパツアーを大盛況のうちに終え、2018年6月から開催された24都市26回公演のワールドツアーを締めくくった。

DAY6は2019年1月18日(以下、現地時間)のモスクワをはじめ、20日のマドリード、22日のベルリン、25日のロンドン、27日のパリ、29日のアムステルダムまで、合計6都市で<DAY6 1ST WORLD TOUR 'Youth'>のヨーロッパ公演を行なった。初のヨーロッパ単独公演にもかかわらず、現地のファンが韓国語で合唱を行い、DAY6に熱烈な声援を送った。また、会場ごとにDAY6のためのプラカードをファンが用意し、DAY6メンバーを感動させた。



2017年、韓国で毎月2曲の新曲を発表して単独公演を行う年間プロジェクト「Every DAY6」を通して、1年で2枚の正規アルバム・25曲の自作曲・合計25回の公演を行い、K-POPを代表するバンドとして位置付けしたDAY6は、2018年6月22日から24日までソウルのオリンピックホールで開催したソウルコンサートをはじめ、7ヶ月間にわたるデビュー後の初のワールドツアーを開催した。

ソウルに続き、蔚山、全州、メルボルン、シドニー、釜山、台北、バンコック、マニラ、大邱などで公演を成功させ、続けて2018年11月9日のトロントをはじめ、アトランタ、フィラデルフィア、LA、サンパウロ、サンティアゴなど北米・南米ツアーを通して現地のファンと触れ合い、12月8日のジャカルタからヨーロッパツアーまで走り続けるスケジュールを過ごした。

「Every DAY6」プロジェクトで発表した曲や、その他の様々な収録曲など、ファンから強く愛されている楽曲を披露し、DAY6だけのエモーショナルを全世界の音楽ファンに広げた彼ら。全世界に広がっている「My Day」(DAY6ファンの総称)の力を実感させもした。こうしてワールドツアーを締めくくったDAY6は、K-POP代表バンドとしての力を再度みせることや、もう一度成長を実感するきっかけを得ることができたようだ。

この記事をツイート

この記事の関連情報