ANARCHY、新作アルバムのアートワークにイラストレーター上岡拓也

twitterツイート

ANARCHYが、3月13日(水)に約2年半ぶりにリリースするオリジナルアルバム『The KING』のアルバムジャケットとパッケージが公開された。

アートワークにはイラストレーター上岡拓也による油絵を起用し、額縁に見立てたゴールドのスリーブケースに納められている。上岡拓也は水曜日のカンパネラ、KANDYTOWN、YENTOWNなど多くのアートワークを手掛けている気鋭のイラストレーター/デザイナー。ジャケットに描かれている王冠や腐敗した街は逆さまになっており「逆境をひっくり返すのがラッパー」というANARCHYの信念を象徴するような作品だ。





今作は「13」をテーマにANARCHY自身を含む13人のラッパーと制作、般若、MACCHO(OZROSAURUS)、SEEDAらレジェンドクラスからT-Pablow(BAD HOP)、IO(KANDYTOWN)、Awich(YENTOWN)、さらにレーベルメイトのWILYWNKA、Leon Fanourakisら、参加しているラッパーもプロデューサー陣も若手からベテランまで勢揃い。「一度でいいから自分が作ったものに自分で値段をつけてみたい」との思いから13,000円、そして数量限定ということで、リリース発表から話題となっている。パッケージの中にはシリアルナンバー付きのゴールドカード、全曲の歌詞ブックレット、そして収録された楽曲をスマートフォンですぐ楽しむことができるスマプラミュージックも封入されている。



   ◆   ◆   ◆

【ANARCHYコメント】

「CDが売れない」
何年も前からよく聞くようになった。
CDショップに行かなくてもiTunes Storeで250円出せば一曲買えるし、
サブスクもYouTubeもある。
沢山の人が沢山の音楽を聴けるし便利な時代になった。
それはこの国にとっていい事だと思う。
ただ、当たり前のように誰かが僕らの知らない所で僕らのアートに値段をつけている。
そしてみんな困っている。
なんか不思議な気分になる。
時代の流れに逆らうつもりは無いけど、
一度でいいから自分が作ったものに自分で値段をつけてみたいと昔からずっと思ってた。
今回のアルバムは「13」をテーマに13人のラッパーでセッションして作った作品だ。
僕一人では作れない"モノ"ができた。
その"モノ"の価値が分からなくなってきている。
僕たちラッパーは自分たちの人生を切り売りして価値のある"モノ"を作っていると思う。
今回、僕が僕たちラッパーの作った"モノ"に価値をつけたいと思う。
「13」は不吉な数字と言われている。
でも逆境をひっくり返すのがラッパーでしょ。

   ◆   ◆   ◆

ANARCHY ニューアルバム『The KING』

2019年3月13日(水)発売
CTCR-14957 / 13,000円(税込)
[ 収録楽曲 ]
01. The King (Prod. COOKIN' SOUL)
02. Run It Up feat. MIYACHI (Prod. 理貴)
03. Kill Me feat. 般若 (Prod. BACHLOGIC)
04. Where We From feat. T-Pablow (Prod. D BO¥$)
05. Dirty Work Remix feat. ANARCHY / AKLO (Prod. BACHLOGIC)
06. The Professional feat. IO (Prod. KM)
07. Shine In The Life feat. Leon Fanourakis (Prod. COOKIN' SOUL)
08. Loca feat. Awich (Prod. Chaki Zulu)
09. Rollin’ feat. MACCHO (Prod. DJ PMX)
10. Yes or No feat. SEEDA (Prod. YamieZimmer)
11. Brand feat. Jin Dogg (Prod. COOKIN' SOUL)
12. Spend It feat. Young Coco (Prod. AVA1ANCHE)
13. Lucky 13 feat. WILYWNKA (Prod. AVA1ANCHE)
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス