嵐と東フィルが『Mステ』SPでコラボ、ジャニーズWESTは最新曲披露

twitterツイート

本日2月1日(金)19時からの『テレビ朝日開局60周年記念 ミュージックステーション3時間スペシャル』(テレビ朝日系全国ネット)にて、嵐が東京フィルハーモニー交響楽団とのコラボパフォーマンスを披露することが明らかになった。放送に向けて、嵐とジャニーズWESTからのコメントも発表されている。

今回の3時間スペシャルはテレビ朝日の開局60周年に合わせた特別番組として、同局の開局記念日に放送されるもの。今年デビュー20周年を迎える嵐は、「君のうた」と「感謝カンゲキ雨嵐」の2曲を歌唱する予定となっている。

東京フィルハーモニー交響楽団との共演で披露されるのは、ドラマ『僕とシッポと神楽坂』の主題歌となった「君のうた」だ。歴史あるオーケストラとのコラボレーションにあたって、二宮和也は「トップクラスの楽団の方々と一緒にやらせていただけるなんて光栄です」と喜びを語り、大野智と相葉雅紀は「やっぱり迫力が違いますよね」「豪華すぎて緊張します……」と、いつもと違うステージに少々緊張している様子。櫻井翔は「生楽器に感じられる音圧が好きです」、松本潤も「いつもとはまったく違うパフォーマンスになると思うので、とても楽しみにしています!」と語っている。

また、「コンサートでもずっと歌ってきた大切な曲。Bメロでのファンのみなさんの合いの手が好き」(松本)という「感謝カンゲキ雨嵐」については、「《泣きながら生まれてきた僕たちはたぶんピンチに強い》の歌詞が好きです」(櫻井)、「ファンのみなさんが成長させてくれた曲」(相葉)、「ずっと歌ってきて良かったなと思える一曲」(二宮)と、それぞれの思いが明かされた。

一方、デビュー5周年を迎えるジャニーズWESTは、今回のステージで最新曲「ホメチギリスト」をテレビ初披露する。楽曲のポイントについて、中間淳太は「原点回帰の意味を込めた、明るい曲。仕事を頑張っているすべての方に贈る応援ソングです」、藤井流星は「間奏でみんなが自由に褒めちぎる所では、誕生日の人を褒めちぎったり、上司の人を褒めちぎったりアレンジすると楽しいと思います」とコメント。小瀧望は印象的なサビの振り付けについて、「サビのダンスは見ればすぐに踊れるダンスだと思うので、カラオケや二次会などの盛り上がりたいシーンで真似して踊って頂けたら嬉しいです」とアピールしている。

メンバーたちは今回のスペシャルでの嵐との共演を楽しみにしているそうで、「皆さんとても優しくて、緊張しないような空気感をいつも作ってくれます」(中間)、「相葉くんは洋服をくれたり、お正月に家に呼んでくれたり、すごく優しい方! 兄貴だと思っています!」(藤井)と後輩ならではのエピソードも。数々のドラマでも嵐と共演している小瀧は「大野くんとはちょくちょく連絡を取っていて、ご飯にも連れて行ってもらいました。仲良くなったら敬語なんていらない、と言ってくれたので、勇気を振り絞って敬語を使わないこともあります(笑)」と告白し、昨年『僕とシッポと神楽坂』で共演した相葉とも「年明け落ち着いたらご飯に行こうと話していたので、楽しみにしているんです!」との秘話が明かされた。

『テレビ朝日開局60周年記念 ミュージックステーション3時間スペシャル』

放送日時:2019年2月1日(金)夜7時~夜9時48分
MC:タモリ、並木万里菜(テレビ朝日アナウンサー)
■出演予定アーティスト(※「」内は楽曲名/50音順)
嵐「君のうた」「感謝カンゲキ雨嵐」
THE YELLOW MONKEY「太陽が燃えている」
大塚 愛「さくらんぼ」
ORANGE RANGE「花」
ZARD・坂井泉水&倉木麻衣「負けないで」
GENERATIONS from EXILE TRIBE「AGEHA」
ジャニーズWEST「ホメチギリスト」
Superfly「Force」
乃木坂46「シンクロニシティ」
秦 基博「ひまわりの約束」
東京フィルハーモニー交響楽団「『ドクターX~ 外科医・大門未知子~』のテーマ」

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報