谷山浩子、書き下ろしのNHKみんなのうた「花さかニャンコ」が放送決定

twitterツイート

みんなのうた歴代アーティストの中でも、その独特な世界観と歌声で人気の高い谷山浩子が、再びみんなのうたに登場。1985年「恋するニワトリ」「まっくら森の歌」、1986年「しっぽのきもち」、1987年「おはようクレヨン」そして2002年オンエアの「そっくりハウス」以来、谷山自身がみんなのうたに書き下ろしをして歌唱するのは、実に17年振り。

「最初は『猫の歩いた跡に花が咲いていったらかわいいかも!』くらいの思いつきで作り始めたのですが、この猫がいろんな物や人に花を咲かせ出すと、今度は花を咲かせてもらった人(や犬や鳥やいろいろ)たちが、自分自身も花さか人間や花さかワンコや花さかピーコになって、ついには宇宙を花でいっぱいにするところまで行ってしまいました」(谷山浩子)

街角のニャンコが足跡に花を咲かせ、最後には宇宙にまで花を咲かせてしまう壮大な夢物語ソング。演奏は谷山浩子の他にNHK『ピタゴラスイッチ』のテーマソングでもおなじみの、栗コーダーカルテット。耳に残るキャッチーなフレーズとかわいらしい音色が印象的なこの曲を、みんなのうたのオンエアとともにぜひお楽しみいただきたい。

なお1月30日には、谷山浩子の新コンセプト音楽劇『幻想図書館』の第1回作品「雪の女王」(1998年)のDVDが再発売されたので、そちらも合わせてチェックしてみてほしい。

リリース情報

『谷山浩子の幻想図書館 雪の女王』[DVD]
2019年1月30日 発売
4,000円(本体価格)+税 / YCBW-10088
収録曲:
01.銀河通信
02.椅子
03.あかり
04.花の季節 屋根の上
05.カイの迷宮
06.岸を離れる日
07.薔薇の歌
08.壁に映る影
09.満月ポトフー
10.世界一不幸なトナカイ
11.カイの迷宮(文字のない図書館)
12.カイの迷宮(誰かが笑っている)
13.岸を離れる日
14.あかり
15.カイの迷宮

収録内容:
1998年12月4日~6日に新宿スペース・ゼロにて開催された『幻想図書館』第1回作品「雪の女王」(1998年)より。
≪出演≫谷山浩子、青山伊津美
≪音楽≫谷山浩子、石井AQ、田代耕一郎
●商品ページ
https://www.yamahamusic.co.jp/s/ymc/discography/990

ライブ・イベント情報

■「谷山浩子ひとりでオールリクエスト180分」
2019年2月2日(土)17:00 / 17:30
渋谷区文化総合センター大和田さくらホール
お問合せ:ネクストロード 03-5114-7444

■「谷山浩子コンサート ~広島でオールリクエスト~」
2019年2月16日(土)16:30 / 17:00
広島ゲバントホール
ゲスト:斎藤ネコ
問合せ:夢番地(広島)082-249-3571

■「谷山浩子 弾き語りコンサート2019」
2019年4月13日(土)17:00 / 17:30
府中の森芸術劇場ふるさとホール
2019年4月20日(土)17:00 / 17:30
松戸・森のホール21 小ホール
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス