岸田繁「交響曲第二番」初演、3月27日にCDリリース

twitterツイート

広上淳一指揮、京都市交響楽団演奏による『岸田繁「交響曲第二番」初演』が、3月27日にCDリリースされることが決定した。2018年12月4日に開かれた愛知・愛知県芸術劇場コンサートホールでの公演より「第二番」のほか、岸田繁作曲による管弦楽小曲が収録される。

◆『岸田繁「交響曲第二番」初演』画像

岸田繁は2016年に50分を超える「交響曲第一番」を完成させ、同年12月、その初演がロームシアター京都と東京オペラシティで披露された。「第二番」の構想は前作の作曲中すでにスタートしており、くるりのアルバム『ソングライン』完成後の2018年夏、わずか2ヶ月弱という短期間で集中的に制作が進められたという。

ソナタ形式の第1楽章から始まる4楽章構成の「第二番」では対位法的な構築に力点が置かれ、トリスタン和音や神秘和音も採り入れた繊細な和声感覚やフィボナッチ数列をとる拍節構造など、岸田の音楽的探究心が存分に発揮された緊密な作品に仕上がった。

▲広上淳一 Photo by Greg Sailor

▲京都市交響楽団 Photo (C)伊藤菜々子

このほかCDに収録されるのは、京都市交響楽団のメンバーによる弦楽五重奏団のために書き下ろされた舞曲「あなたとの旅」と、「第一番」作曲中に生まれた管弦楽曲を新作として仕上げたという序曲「心の中のウィーン」の2曲だ。リリースの発表と併せて、池田早秋が手掛けたCDジャケットも公開された。


CDリリース後の3月30日には、「交響曲第二番」初演の東京公演が行なわれる。

岸田繁・京都市交響楽団・広上淳一(指揮)『岸田繁「交響曲第二番」初演』

2018年3月27日(水)発売
VICC-60955 ¥2,500+税
1. 岸田繁 交響曲第二番 Op.8 第一楽章 アレグロ・コン・モート ロ短調
2. 岸田繁 交響曲第二番 Op.8 第二楽章 アダージェット・パストラーレ ロ短調
3. 岸田繁 交響曲第二番 Op.8 第三楽章 ジーク・アラ・バロッカ ニ長調
4. 岸田繁 交響曲第二番 Op.8 第四楽章 アレグロ・モデラート イ短調
5. 弦楽五重奏のための古風な舞曲「あなたとの旅」(管弦楽版) Op.7
6. オーケストラのための序曲「心の中のウィーン」 Op.9

2018年12月4日 愛知県芸術劇場コンサートホール

<京響プレミアム ─岸田繁「交響曲第二番」初演>

2018年12月2日(日)京都・京都コンサートホール ※公演終了

2018年12月4日(火)愛知・愛知県芸術劇場コンサートホール ※公演終了

2019年3月30日(土)東京・東京オペラシティ コンサートホール
開場 17:15 / 開演 18:00

出演:岸田繁、広上淳一、京都市交響楽団
料金:¥6,500(税込) ※未就学児入場不可
主催:公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報