よよか、米人気テレビ番組に登場。クイーンのカバーも披露

ツイート


レッド・ツェッペリン「グッド・タイムズ・バッド・タイムズ」のカバー動画で“天才ドラム少女”として注目を集めた北海道在住の9歳のドラマー・よよかが、現地時間2月1日、アメリカの人気トーク番組『The Ellen DeGeneres Show(エレンの部屋)』に登場した。

◆よよか動画、画像

日本人ゲストの出演は同番組史上4人目とのこと。よよかは冒頭、司会のエレン・デジェネレスからの紹介を受けて迫力満点のプレイでクイーンの「ストーン・コールド・クレイジー」のカバーを披露し、約350名の観覧客のスタンディングオベーションに迎えられた。



トークセッションではジェスチャーを交えながら持ち前の明るさでエレンとの会話を楽しみ、おみやげとして“絵蓮”と漢字で書いた書をプレゼント。エレンからはお返しにオリジナル木琴が贈られ、さらなるサプライズ・プレゼントとして、よよかが大ファンであるレッド・ツェッペリンもそのステージに立ったロックの聖地、Whisky a Go Goでの演奏が実現することとなった。



Whisky a Go Goでのライブでは、レッド・ツェッペリンのカバー「グッド・タイムズ・バッド・タイムズ」をはじめ、即興ドラムソロや自身作詞作曲の「ハッピー」「自転車」も披露された。「ハッピー」では初めてこの曲を聴く現地のオーディエンスからも大合唱が起こり、会場はタイトル通りの“ハッピー”なムードに包まれた。





「ロサンゼルスは温かくてびっくりしました。ちょっと緊張したけどみんな盛り上がってくれて楽しくて嬉しかった。英語を勉強しなくちゃと思いました。あと、エレンさんが綺麗だった。また出たいです!」──よよか


■Whisky a Go Go公演 セットリスト

1. Good Times Bad Times -Led Zeppelin
2. Stone Cold Crazy -Queen
3. ハッピー(よよか作詞作曲)-かねあいよよか
4. 即興ドラムソロ
5. Mission:Impossible
6. 自転車(よよか作詞作曲)-かねあいよよか
7. The Pretender -Foo Fighters

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス