マルーン5のアダム、スーパーボウル終了後にコメント

twitterツイート

マルーン5のアダム・レヴィーン(Vo)が、物議をかもしたスーパーボウル、ハーフタイム・ショーでのパフォーマンスを終え、コメントを発表した。

◆マルーン5画像、動画

アダムは、出演を決めたとき頭に浮かんだという言葉の数々を、スタジアムに「ONE LOVE」と浮かび上がった光の画像と共にインスタグラムに投稿した。

「僕らが、SBHTS(スーパーボウル・ハーフタイム・ショー)でのパフォーマンスを引き受けたとき、僕はペンを取り出し書いてみた。その瞬間、僕の頭に浮かんだ言葉で、そのいくつかは、最終的には、今夜いたるところで浮かび上がった素晴らしい灯となった。僕らは、世界最大のステージでプレイするというこの歴史的チャンスを与えてくれた宇宙に感謝する。僕らの夢を実現させてくれたファンに感謝する。そして、もっと良くならなくてはと僕らの背中を押してくれる批判に感謝する。One Love♥ 言葉の一覧は……

Forgive (許す)
Laugh (笑う)
Cry (泣く)
Smile (微笑み)
Share (共有)
Live (生きる)
Endure (耐える)
Embrace (抱擁)
Remember (思い出す)
Enlighten (啓蒙)
Preserve (維持)
Inspire (ひらめき)
Sweat (汗)
Fight (闘う)
Express (表す)
Give (与える)
Receive (受け取る)
Elevate (高める)
Climb (登る)
Unify (一体)
Fortify (強化)
Soften (和らげる)
Dance (踊る)
Scream (叫ぶ)
Dream (夢)
Educate (学び)
Provide (提供)
Inhale (吸い込む)
Exhale (吐き出す)
Persevere (貫く)
Stand (立つ)
Kneel (ひざまずく)
Overcome (乗り越える)
Love (愛)
Listen(聞く)」



マルーン5は、ハーフタイム・ショーで「Harder To Breath」「This Love」「Sicko Mode」(with トラヴィス・スコット)、「Girls Like You」「She Will Be Loved」「The Way You Move」(with ビッグ・ボーイ)、「Sugar」「Moves Like Jagger」の8曲をパフォーマンスした。


Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報