【ライブレポート】Lenny code fiction、全国ツアー<Montage>完遂「最高かよ!」

twitterツイート

Lenny code fictionが2月2日、渋谷CLUB QUATTROにてワンマンライブを開催した。同公演は10月19日の仙台enn 2ndよりスタート、1stアルバム『Montage』リリース(2018.11.14)を挟む形で駆け抜けてきた<LIVE TOUR 2018-2019 Montage>のファイナルとなるもの。対バン形式で全国各地を巡りつつ、『Montage』リリース翌日の東京公演および、ツアー後半での福岡、名古屋、大阪ワンマン公演を経て辿り着いた場所でもある。

◆Lenny code fiction 画像

開演前、オールスタンディングのフロアには観客たちの高揚感が膨れ上がっていた。ステージ奥の壁に掲げられていたバンド名を記したバックドロップの文字列が波打って、風を受けたフラッグ上に書かれているかのよう。革命を先導する印しや、風を受け走る4人の象徴ともとれた。

予定時間を少し回った18時10分、会場の電気が消えて暗転。フロアに向けたブルーの光が灯り、姿を現したKANDAI(Dr)のシルエットを浮かび上げると、そのままドラムを打ち鳴らした。オープニングはアルバムと同じく「Montage(SE)」だ。kazu(B)、ソラ(G)が順に登場して音を重ね、オーディエンスが手を上げクラップを打つ。そして最後に現れた片桐 航(Vo)の手にはハンドマイクがあった。ギターを弾きながら歌う比率が多かった航だが、このツアーからひとつ変化が現れていた。




女性コーラスが流れ、スピーディなリズムが轟くと曲は「Snatch」へ。リズムが倍に変化して大きなグルーヴへ展開していくリズムやドッシリしたkazuのベース、ソラは様々なフレーズアプローチで目まぐるしく彩りを変え、航はステージを動き周りながら言葉を発する。音楽的実験による刺激と快楽が詰まった楽曲にライヴならではの熱と気合いがプラスされ、日常から連れ出してやるという想いを叩きつけてくる。オーディエンスの熱気をさらに押し上げようとKANDAIがバスドラムでリズムをキープしつつクラップを先導。そこから入った「KISS」では情熱的に演奏と歌がうねった。

「大都会・渋谷で田舎育ちの俺らがワンマンをやっているんですよ。……最高かよ!」

航のMCから始まったのは「Make my story」だ。味わった悔しさや流した涙を宿した演奏と歌が、サビで一気に晴れやかに広がっていく。たとえ今、苦しい想いを噛みしめていても信じて進めば逆転できるという実体験を、ハンドマイクを手に航が丁寧に力強く歌で表現した。




この夜、初めて航がギターを持った「Ruby’s day」ではアンサンブルに気持ちがハズむ。ディレイをかけたスネアの音像と、クリーンなギターフレーズ、ベースのロングトーンが冬の夜の澄んだ空気感を感じさせる「オリオン」。再びギターを置いた航はマイクスタンドを両手で握り、繊細で穏やかな歌声を響かせた。

ソラがギターを高々と上げた「欲を纏う」は、エッジーに言葉を連射する航のヴォーカルとキレのいいKANDAIのドラムが印象的。ベースでウネリを生みながらkazuがクルクルとターンをするなどエネルギッシュだ。一方で、楽曲が持つ機微を音と歌声で描写する表現力の高さも彼らの魅力。澄んだ音色でギターをしっとりと爪弾き、そしてテンポを上げて掻き鳴らしたソラ。スタートした楽曲は「オーロラ」だった。そして、ギターを持った航がゆったりとしたギターストロークで「世界について」のサビを歌い始めた。音源とは異なる柔らかなアレンジが「オーロラ」の切なさを昇華した。

航が去ったステージで、ツアーでの恒例でもあったソラ、kazu、KANDAIによるツアーの思い出トークがオーディエンスの心を解した。そこにギターを手にした航が登場、いよい後半戦へ。その先陣を切った「Showtime!!!!」だ。さらに、ソラとKANDAIが加入する前のバンド時代からプレイされてきた「Rebellious」へ。





「バカ楽しいな。ラスト2曲」

アンコールはない。「Flower」はピースで希望しかないLenny code fictionの未来を照らす響き。そして、最後の曲「Twice」に突入し、<LIVE TOUR 2018-2019 Montage>が幕を閉じた。


「見てろよ、最強の曲を書くから。最高のライヴをやってやるから」、4人がステージ上から発した約束は、すぐ先の未来を煌々と照らしている。

撮影◎Yusuke Satou

■<LIVE TOUR 2018-2019 Montage>2月2日@渋谷クアトロSETLIST

01. Montage (SE)
02. Snatch
03. KISS
04. Enter the Void
05. Make my story
06. Ruby's day
07. オリオン
08. Key -bring it on, my Destiny-
09. Colors
10. 欲を纏う
11. 影になる
12. オーロラ
13. 世界について
14. Once
15. Showtime!!!!
16. Alabama
17. Rebellious
18. Vale tudo【MAKE MY DAY】
19. Flower
20. Twice

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス