クイーンの名曲をオーケストラ・サウンドで、クイーン・シンフォニック来日決定

twitterツイート

クイーンの名曲をフル・オーケストラ&シンガーで完全再現する“クイーン・シンフォニック”の初来日公演が決定した。

◆クイーン・シンフォニック 関連画像、動画

クイーン・シンフォニックは、クイーンとクラシックの融合を掲げて2000年にロンドン、ウェストエンドで初演されたロック・シンフォニック・ショウ。これまでヨーロッパ各国や北米、豪州でもツアーを行ない、数十万人の動員を記録しているという人気プログラムだ。





日本公演は5月10日(金)、11日(土)の2日間、東京・東京国際フォーラム ホールAにて開催される。本公演のオーケストレーションも手がける音楽家・リチャード・シドウェルの指揮、東京フィルハーモニー交響楽団の演奏で、人気ミュージカル『WE WILL ROCK YOU』のメイン・キャストから選出されたジェナ・リー・ジェームス、レイチェル・ウッディング、ジョン・ボイドン、ピーター・エルドリッジの4人がシンガーとして参加。さらに5人編成のバンドも来日し、盤石の演奏でオーケストラをサポートする。


▲リチャード・シドウェル


▲ジェナ・リー・ジェームス、レイチェル・ウッディング、ジョン・ボイドン、ピーター・エルドリッジ

当日は「ボヘミアン・ラプソディ」や「ウィ・ウィル・ロック・ユー」「伝説のチャンピオン」などクイーンのヒット曲を網羅したセットリストが予定されており、日本公演のみの演奏曲として「手をとりあって」や「ボーン・トゥ・ラヴ・ユー」も披露予定とのことだ。

チケットは2月23日(土)の一般発売に先駆けて、本日2月5日(火)より先行販売がスタート。かつてクイーンの来日公演で発売された“QS(クイーン・シート)席”にちなんで、クイーン・シート、ボヘミアン・シート、学生シートの3つの券種が用意されている。詳細はイベント公式サイトでチェックしよう。


<QUEEN SYMPHONIC -A ROCK & ORCHESTRA EXPERIENCE->

2019年5月10日(金)、11日(土)東京国際フォーラム ホールA
10日(金)18:00開場 19:00開演
11日(土)昼公演 12:00開場 13:00開演/夜公演16:30開場 17:30開演

出演:
指揮:リチャード・シドウェル Richard Sidwell
シンガー:ジェナ・リー・ジェームス、レイチェル・ウッディング、ジョン・ボイドン、ピーター・エルドリッジ
バンド:ギター×2、ベース、ドラム、キーボード
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団

チケット価格(税込/全席指定):
クイーン シート :10,800円 / ボヘミアン シート:8,800円 / 学生シート:3,800円
※学生シートは、高校生以下の方が対象になり、客席後方部のお座席になります。当日ご本人様が確認できる『学生証』をお持ち下さい。
※3歳未満入場不可

▼クイーン シンフォニック/主な演奏予定曲
ボヘミアン・ラプソディ/BOHEMIAN RHAPSODY
愛にすべてを/SOMEBODY TO LOVE
キラー・クイーン/KILLER QUEEN
ラヴ・オブ・マイ・ライフ/LOVE OF MY LIFE
輝ける7つの海/THE SEVEN SEAS OF RHYE
ドント・ストップ・ミー・ナウ/DON'T STOP ME NOW
愛という名の欲望/CRAZY LITTLE THINGS CALLED LOVE
手をとりあって/TEO TORRIATTE (Let Us Cling Together)
ボーン・トゥ・ラヴ・ユー/I WAS BORN TO LOVE YOU
レディオ・ガガ/RADIO GA GA
地獄へ道づれ/ANOTHER ONE BITES THE DUST
ショウ・マスト・ゴーオン/THE SHOW MUST GO ON
ウィ・ウィル・ロック・ユー/WE WILL ROCK YOU
伝説のチャンピオン/WE ARE THE CHAMPIONS
etc...

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報