【インタビュー】あゆみくりかまき、思い出の地・マイナビBLITZ赤坂への揺るぎない決意「大躍進します!」

ツイート
PR

現在、全国ワンマンライヴツアー<ボクらの熊魂2019 〜お前もまたぎにしてやろうか!!TOUR〜>真っ最中のあゆみくりかまき(以下、あゆくま)。3人にツアー中である現在のモードとファイナルのマイナビBLITZ赤坂に向けた意気込みを訊いた。

■あゆくまはこの3人とまたぎがいるからこそ強くなれる

――2018年、あゆみくりかまきはフルアルバム『大逆襲』と、会場限定盤シングル「アナログマガール'18 / 19 GROWING UP -ode to my buddy-」をリリース。そして12月には、会場限定シングルに収録された2曲に、聖飢魔Ⅱの「蝋人形の館」のカバーと、「アナログマガール'18」のライヴ映像を加えた4曲入りの配信限定EP『蝋人形の館』もリリースしました。「蝋人形の館」はあゆくまのライヴの登場SEだったんですよね。

まき:3人になりたての頃(※2014年にあゆみが加入)に使わせていただいていたんです。“お前も蝋人形にしてやろうか!”という台詞を“お前もまたぎ(ファンの呼称)にしてやろうか!”に変えて言うと、あゆくまのライヴっぽくて攻めている感じがするなと思ったんですよね。そして今回、ついに「蝋人形の館」をカバーさせていただくということで、レコーディングはめちゃくちゃプレッシャーがありました(笑)。メタルを歌うのも初めてだったんですよ。新しいあゆくまを見せられるように頑張りました。

あゆみ:アレンジをしてくださったPABLOさんは、バンドメンバーとして一緒のステージに立つこともあるので、あゆくまがどんなライヴをしたいのかをしっかり分かってくださっていて。それにもかなり背中を押されました。

くりか:「蝋人形の館」はカッコ良いけど、“いつも明るいあゆくまがほんまにこの曲を歌えるんかな?”“どうやってこの曲のおどろおどろしい感じを出したらいいんやろう”とすごく考えて。その結果、今までにないくらい自分の殻を破れて、その瞬間に感じたまま歌ったテイクが上手くマッチしました。


取材・文:沖 さやこ
撮影:キセキミチコ

配信限定EP『蝋人形の館』

NOW ON SALE
¥1,000(税込)

<ボクらの熊魂 2019~お前もまたぎにしてやろうか!!TOUR~>

2月09日(土)宮城・仙台MACANA《SOLD OUT》
2月11日(月・祝)愛知・名古屋RAD HALL《SOLD OUT》
2月17日(日)東京・マイナビBLITZ赤坂
特設サイト
DiGa:Online
この記事をツイート

この記事の関連情報