イベント映像を高画質で演出できる4K対応ビデオ・スイッチャー「V-600UHD」、4K/HDR/HDなど異なるフォーマットを組み合わせて美しい映像を実現

ツイート

コンサート、スポーツ、講演会など大画面を使用するステージ・イベントで、放送用4Kカメラから民生用のHDカメラ、パソコンなどのさまざまな映像を使って高精細な映像演出を行える、4K対応の業務用マルチフォーマット・ビデオ・スイッチャー「V-600UHD」が登場。ローランドより2019年6月に発売される。


大型LEDディスプレイの低価格化が進む昨今。音楽フェスティバルやスポーツのパブリック・ビューイング、国際会議、企業の製品プレゼンテーションなどのイベントで、100インチを超える大画面が使用されることも多い。LEDディスプレイの高輝度化が進んだことで、昼間の野外イベントで大型映像が演出されることも増えてきた。また、放送業界で標準化しつつある4Kカメラは、高い輝度と豊かな色を表現することにより高品質の映像表現ができるHDR(ハイ・ダイナミックレンジ)の対応が進み、非常に明るい環境でも十分美しい映像が手軽に扱えるようになっている。一方イベント会場などでは、パソコンから出力されるプレゼン映像などHD映像が使用されることも多く、従来のHDから最新の4KやHDRまでさまざまな映像信号への対応が求められている。

こうしたニーズに応えるのが、今回登場の「V-600UHD」。4KやHDRに対応しつつHDの映像資産も活用できる、使いやすさを重視したビデオ・スイッチャーだ。

すべての入出力端子に、ローランド独自の“ULTRA SCALER”技術を搭載し、4KやHDRから従来のHD、SDR(スタンダード・ダイナミックレンジ)の映像を変換可能。既存のHD対応のシステムでも、4K、HDR、HDの映像を同時に入出力できる。4KとHD映像を同時に出力できるので、メイン画面としてステージ上の4K大型LEDディスプレイに美しいHDR映像を出力、控え室に備え付けてある液晶TVには一般的なHD映像を出力するといったセッティングが「V-600UHD」1台で可能だ。


▲映像出力はMULTI-VIEW端子(HDMIタイプA)、HDMI OUT 1~3端子(HDMIタイプA)、SDI OUTPUT端子(BNCタイプ、12G/3G-SDI、SMPTE 2082、424M)、映像入力はHDMI IN 1~4端子(HDMIタイプA、SDI IN 5~6端子(BNCタイプ、12G/3G/HD-SDI、SMPTE 2082、424M、292M準拠)、RGB IN 1端子(15ピン・ミニD-subタイプ、アナログRGB/HDMI IN 1/RGB IN 1/からメニューで選択)。オーディオ入力はXLRも備える。

また、HDRに対応することで、野外やスポットライトを浴びたステージ上の出演者など映像の明るい部分が真っ白になってしまう「白飛び」を回避。赤色や黄色などの表現力も格段に上がり、野菜や果物などの映像も色鮮やかかつリアルに映し出すことができる。さらに、1秒間に60フレームの画面の書き換えができるので(フル・フレームレート60Hz対応)、スポーツなど速い動きのある映像も滑らかで鮮明に表現でき、イベント会場での臨場感も高まる。

4Kカメラ1台で最大8台分のカメラ映像を抽出できるのも大きな特徴だ。討論会のようなシチュエーションで、各出演者を拡大した映像と全体を映した映像を切り替える場合、一般的には複数のビデオ・カメラとカメラマンが必要となる。「V-600UHD」は、「ROI(Region of Interest)機能」を備えているので、1台のカメラで撮影した4K映像から必要な部分を最大8ショット切り出して、複数のカメラ映像のように使うことができるのだ。1台のカメラを最大8台のカメラのように扱えるので、少ない機材とスタッフで効果的なオペレーションができ、コストパフォーマンスを高められる。

製品情報

◆4K HDRマルチフォーマット・ビデオ・スイッチャー「V-600UHD」
価格:未定
発売時期:2019年6月(予定)
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス