グレン・ヒューズ、ディープ・パープルの曲をプレイするツアーのために髪を伸ばす

twitterツイート

グレン・ヒューズは、2017年秋からディープ・パープルの曲をプレイする<Classic Deep Purple Live>を行なっているが、このツアーを開催するにあたり、髪を伸ばし始めたそうだ。

◆グレン・ヒューズ画像

彼は『Kaaos TV』のインタビューで、こう明かした。「あれらの曲をやるためには、キャラを戻さなくてはならなかった。また髪を伸ばし始めたんだ。70年代っぽいルックスにするためにね。僕はノスタルジアなアーティストってわけじゃないけど、このツアーをやるために、ルックスやヴァイブ、サウンドを70年代と同じように再生したかった。言うならば、俳優になるんだ。俳優になって、曲に息吹を与える──僕はこういう風に音楽を見てる」

ヒューズは、最後になるかもしれないと言われているディープ・パープルの現行のツアー<The Long Goodbye>に誘われたら参加するかとの質問には、こう答えた。「いや、僕は自分のことをやる。僕は、僕のバンドとディープ・パープルの曲をプレイしていることにすごく、すごく満足している。オーディエンスも大ハッピーだ」

彼はこのツアーで、「Stormbringer」「Might Just Take Your Life」「Sail Away」「Getting’ Tighter」「You Keep On Moving」「You Fool No One」「Mistreated」「Smoke On The Water」「Burn」などをプレイしている。

<Classic Deep Purple Live>は、今年はスペイン、イタリア、アメリカ、英国、チェコ、ドイツなどで開催される。



Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報