【Re:ply ツアーレポート#3】〜郡山#9 & 仙台MACANA〜

ツイート

こんにちは、こんばんは!
変幻自在の6人組マルチロックバンドRe:ply(リプライ)です!

2018年10月7日〜12月29日の期間で行ったリリースツアー、その名もRe:ply LIVE TOUR 2018『WEIGH ANCHOR』。
今回は11月4日と5日の、郡山#9 & 仙台MACANA編についてまとめていきたいと思います〜!よろしくお願いします!


さあまず郡山、ご存じの方も多いかと思いますがRe:plyには福島県出身のメンバーがなんと3人もいるのです!!!
Vo.koyomi、Gt.あべち、Mp.8810が福島県産なのですが、郡山出身は一人もいないという…(笑)でもでも!学生の頃とかにそれぞれ遊んだりライブをしていたのでとても馴染みのある地なのですよ!

▲SAで配信中の福島出身メンバー達


予定より早めの到着。空き時間に、よく通っていたタワーレコード郡山店さんにお邪魔し、ポップを書かせていただいたり、お写真撮らせていただいたり…。
また一つ夢が叶ったなあと…。

▲タワレコ郡山店の入り口でRe:ply!ありがとうございました!!!

この日は地元ということもあり、やはり3人は特別な思いを持ってライブに臨みました。しかもご家族総出で(楽屋でしっかりご挨拶しました笑)応援しに来ていただいていたので、命をかける姿、かっこいいところを見せたいという思いもありました。

▲ライブ中の1コマ。本編の後、Gt.あべちの甥っ子くんのバースデーサプライズ演奏もしました(笑)


2日目、宿の朝風呂で目と脳を覚まし仙台へ!!!
仙台といえば牛タン!腹が減っては戦は出来ぬ!ということで牛タン定食でエネルギーチャージ!

▲絶品牛タン…!


Re:plyとして過去に1度来たことがある仙台MACANA。
また戻ってこれたことが嬉しかった!
ちなみに余談ですが、このツアーレポートを担当しておりますのはRe:plyのマニピュレーター、末っ子桃色天使(笑)のハヤトでございますが、僕が高校生の頃大好きだったバンドのホームが、此処、仙台MACANAだったので、たぶん人一倍興奮していたと思います(笑)

▲ライブ中の1コマ

▲ライブ後、MACANAの前で(どちらかというとラーメン屋さんが目立ってる)


さて、ツアーレポートは次の地、新潟編に続きます!
今回は郡山と仙台、まとめてお送りさせていただきました!
最後までお読みいただきありがとうございました〜!

▲郡山&仙台公演 ドキュメンタリー

1st Full Album『WEIGH ANCHOR』

2018年10月24日(水)発売
Re:ply RECORDS REPLY-2 / 2,800円(tax out)
1.-reLIFE-
2.決意の旗
3.Remember
4.The Loud Noise
5.Dizzy Dance
6.Fight till the end
7.SHINKARON
8.砂の時計
9.dateline
10.Illusion
11.君のいない街

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス