リー・カースレイク、オジー・オズボーンからのプレゼントに涙

twitterツイート

末期癌と診断されたリー・カースレイクは、オジー&シャロン・オズボーン夫妻が速やかに彼の願いを叶えてくれて涙したという。

◆リー・カースレイク画像

オジーのソロ初期のアルバム2枚『Blizzard Of Ozz』(1980年)と『Diary Of A Madman』(1981年)でドラムをプレイしたカースレイクは昨年終わり、死ぬ前に自身が成し遂げた業績としてこれらアルバムのプラチナ・ディスクが欲しいとオズボーン夫妻にお願いしたと明かし、先月、オジーは、プラチナ・ディスクに囲まれ微笑むカースレイクの写真をTwitterに投稿し、彼からのリクエストに応えたことを報告していた。

カースレイクは、オジーからの贈り物について、『Metal Voice』のインタビューでこう話した。「僕のドキュメンタリーを撮影中だった。マネージャーが2つの大きな箱を持って来て、“君にサプライズなお届け物があったよ”って言ったんだ。オジーのプラチナ・ディスクだった。涙の瞬間だったよ。僕ら、ようやく和解した。シャロンをリスペクトしている。オジーを愛している。オジーはそれに美しい手書きのレターも送ってくれた」

カースレイクは年末、同じく『Metal Voice』のインタビューで「前立腺癌だったが、いま、全身に広がった。医師からは8ヶ月の命だと言われた」と明かした。しかし、「5年前には4年の命と言われた。僕は闘う。何があるかなんてわからない。新しい薬が出るかもしれないし」と、病に挑むとの意志を露わにした。

現在は新薬を処方され、望みを抱いているとし、「いま、この瞬間を楽しんでいる。そして、みんなから贈られる愛をね」と話した。

Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報