【ライブレポート】T-BOLAN、さまざまな愛に満ちた約23年振りの全国ツアー「変わらずに愛し続けてくれるみんなに会えて本当に最高です」

ツイート
PR

2019年1月25日、T-BOLANが千葉・市川市文化会館 大ホールでライヴを開催した。この公演は、2018年にインディーズデビュー30周年を迎えたことを記念して行なわれている約23年振りの全国ツアー<T-BOLAN 30th Anniversary LIVE Tour「the Best」~励~>の10本目。

メンバーをイメージした色同士が交じり合い、ツアータイトルにもなっている“励(レイ)”の文字へと変化するオープニングムービーが流れた後、ヴォーカルの森友嵐士の“イクぜ!”という掛け声とともに、ギターの五味孝氏、ドラムの青木和義と、サポートメンバーの人時(B/黒夢)と坪倉唯子(Cho/B.B.クィーンズ)が「Only Lonely Crazy Heart」を演奏し、ライヴはスタート。続けて1992年のミリオンヒット「Bye For Now」で、会場をT-BOLANの色に染めていった。


取材・文:田中隆信
撮影:平野タカシ

<T-BOLAN 30th Anniversary LIVE Tour「the Best」 ~励~>

2月15日(金)山口・周南市文化会館
2月16日(土)広島・ふくやま芸術文化ホール リーデンローズ 大ホール
3月02日(土)佐賀・鳥栖市民文化会館 大ホール
3月03日(日)福岡・アルモニーサンク北九州ソレイユホール
3月09日(土)千葉・松戸 森のホール21 大ホール
3月21日(木・祝)山梨・東京エレクトロン韮崎文化ホール 大ホール
3月24日(日)栃木・佐野市文化会館 大ホール
3月30日(土)石川・本多の森ホール
3月31日(日)長野・ホクト文化ホール 大ホール
※2018年9月29日(土)埼玉 東松山市民文化センター 〜 2019年2月11日(月・祝)宮崎・都城市総合文化ホール公演は終了
DiGa:Online
この記事をツイート

この記事の関連情報