松本潤、日立新CMで冷蔵庫の“ハピネスさん”に

ツイート

嵐の松本潤が出演する、日立冷蔵庫の新TVCM“「食材をおいしくやりくり」篇”が3月9日(土)より全国で放送開始となる。

このCMは、新キャンペーンワード「ハロー!ハピネス」をテーマに掲げたシリーズCMの第4弾として放送されるものだ。今回は松本潤が“日立の冷蔵庫がもたらす「ハピネス」”を擬人化したキャラクター・ハピネスさん役を演じ、下二段の引き出しをそれぞれ冷凍・冷蔵・野菜の収納に選べる“ぴったりセレクト”が新採用された日立冷蔵庫の特長を元気いっぱいに紹介していく。

撮影当日は、監督からの「松本さんは僕の中でクールでかっこいいイメージがあるから、今日はリミッター外れちゃったようなハイテンションでお願いします!」とのリクエストに応えて、「ハロー!」「上段ベジタボー!」「ダブル冷凍ー!!」とコミカルでハイテンションな演技が次々と繰り出され、終始笑いに包まれた“ハピネス”溢れる現場となったそうだ。

なお、オフィシャルサイトでは“日立の冷蔵庫がもたらす「ハピネス」”のアナザーストーリー動画が本日2月12日(火)に公開される。

   ◆   ◆   ◆

■松本潤 インタビュー
──最近、松本さん自身にあった“ハピネス”な出来事を教えてください。

松本潤:ハピネスですか。そうですね。ここ何年かで友達の影響もあって、アートへの興味が強くなりまして、いろんなものを勉強していろんなものを見たりしている中で、「これは欲しいな」って思っていた物が手に入ったことですかね。今家に飾ってます。

──手に入ったものは何ですか?

松本潤:絵ですね。

──ちなみにどなたのどんな作品ですか?

松本潤:それは内緒ですよ! それは内緒です!(笑) 何年か前までは自分がそういうアートを飾ることになるとは思ってもみなかったので、そういうのを家に飾るのもいいなと思いました。ちょっと豊かになるというか。日常の中で、家に帰ってきた時とか、朝起きて仕事に行く前とかに、リビングに飾ってあるのを見て、ちょこっとぼーっとする時間がすごい至福の時ですね。家の居心地がより良くなりますね。

──“ぴったりセレクト”は、下二段の引き出しスペースの温度帯を“変えられ”ますが、松本さんご自身の生活で、“変えたい!”ものがあれば教えてください。

松本潤:断捨離と言いますか、今家にあるものを一回見直そうという事を年末くらいからずーっとやっていて、服もそうですし、今まで部屋に置いてあったものも「これは新しいものに変えようかな」というものも含めて、断捨離して気分転換を図ってますね。

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス