【インタビュー】MISSION(福士誠治&濱田貴司)、バンド結成への深い想い「ライブに来るのが楽しみなバンドになれたら」

twitterツイート
PR

俳優の福士誠治と音楽家の濱田貴司が“MISSION”と言う名のロックバンドを結成し、2月17日(日)に渋谷STRA LOUNGEにてデビューライブを開催後、2月20日には4曲入りの1stミニアルバム『ONE-NESS』をリリースすることが発表された。BSテレビ東京 連続ドラマ『極道めし』主演やスーパー歌舞伎Ⅱ<ワンピース>、ミュージカル<スリル・ミー>などの役者業に加え、2016年には舞台<幽霊でもよかけん、会いたかとよ>で本格的な演出家デビューを果たし、昨年秋には短編映画『おやぢるどれん』で初の監督を務めた福士と、男女2人組ユニット“arp”の解散後、斎藤工、今井麻美をはじめとする数多くのアーティストへの楽曲提供、<ラグビーワールドカップ2019>テレビCM、舞台<「暁のヨナ」〜緋色の宿命編〜>、演劇ユニット“乱-run-”<365000の空に浮かぶ月>の音楽を手がけるなど、作曲家として高い評価を得ている濱田。さまざまなフィールドで活躍し、オファーの絶えないふたりが今、バンドを始める理由とは……。

──お二人が出会ったきっかけからお伺いできますか?

福士:10年くらい前ですね。演劇ユニット“乱-Run-”の舞台で使用する音楽を作ってくれる人を探している時に、斎藤工くんから勧められて、“arp”のライブを観させてもらいました。こんな素晴らしい音楽を作る方に僕らの舞台の音楽を作ってもらえたら最高だなぁと思ってお話をしたら、“興味がある”と言ってくださった。その時の舞台<金沢の乱〜ラストネーム〜>(2009年4月)の音楽を作っていただいたのが最初です。

濱田:あの時は、“前半のここからここまで音楽いらん”と言ったその捨てっぷりを福士君は褒めてくれました。それだけは明確に覚えていますね。


取材・文:永堀アツオ

1stミニアルバム『ONE-NESS』

2019年2月20日(水)発売
【収録曲】
1. 人として、時として、花として。
2. 大停電の夜
3. ゴースト
4. 二律背反-antinomie-
5. 人として、時として、花として。(instrumental)
6. 大停電の夜(instrumental)
7. ゴースト(instrumental)
8. 二律背反-antinomie-(instrumental)

<1stミニアルバム『ONE-NESS』リリースライブ>

2019年2月17日(日)渋谷STAR LOUNGE ※1日2回公演【SOLD OUT】
公演情報

今井麻美×MISSION<オリジナル朗読劇 Over the Galaxy 〜メッセージ〜>

3月9日(土)多摩六都科学館 プラネタリウム
※映像演出の都合上、本編は収録音声となります。
※今井麻美、MISSION トーク出演あり
公演情報
DiGa:Online
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス