BLUEVINE、始動ワンマンで宣言「絶対に皆をガッカリさせないバンドになる」

ツイート

生熊耕治(Vo&G/cune)、赤松芳朋(Dr/SOPHIA)、AKI(B/Sadie亜季)による新プロジェクト・BLUEVINEが、2月11日東京・六本木VARIT.にて始動ライブ<BLUEVINE ORIGIN OF SPECIES>を行なった。

◆ライブ画像(全6枚)

昨年2018年2月の始動発表から丸1年を経て、待望の1stライブとなったこの日は、1月11日に行なわれた初イベント(音源の試聴会&公開インタビュー)に引き続き、ソールドアウトという結果に。眩い光と共にBLUEVINEの名刺代わりとなる楽曲「モーニングスター」でスタートを切ると、イベントでのみ音源を披露していた他5曲に加え本邦初公開の楽曲たちによるセットリストでオーディエンスを魅了。ジャンルの枠にとらわれない幅広いラインナップの楽曲を全12曲を披露し、白熱の空間を描き出した。




生熊はオーディエンスに向け、「“楽しい”を更新していって、皆とBLUEVINEを磨いていければなと思います」「絶対に皆をガッカリさせない、そんなバンドになるので、よろしく」と、その思いを語った。

この日ようやくスタートラインに立ったとも言えるBLUEVINEだが、次なるステージとして4月12日東京・渋谷Star loungeでのライブが発表となった。また、3月28日には楽曲の配信リリースも決定している。

  ◆  ◆  ◆

ライブ情報
2019年4月12日(金)東京・渋谷Star lounge
※詳細は後日発表


この記事をツイート

この記事の関連情報