GACKT、映画『翔んで埼玉』のオファーは「即答で断った」

twitterツイート

GACKTが映画『翔んで埼玉』のPR活動を全国で行なった。

◆関連画像

GACKTは本作で二階堂ふみとともに主演を務める。2月7日、二階堂ふみと本作のメガホンを執った武内英樹監督、共演者で埼玉育ちのブラザートムが、本作の公開に先駆け埼玉県知事に「映画で埼玉を壮大にディスった」ことを謝罪。

その際、本当はこの映画では埼玉への愛が込められていることを説明すると共に、全国キャンペーンにて各地で埼玉の魅力を伝えて来ます!と約束したことから、GACKTと二階堂ふみが福岡・大阪・名古屋を2日間の弾丸スジュールで駆け巡り、埼玉と映画についてPRを行った。


各地ではGACKTが埼玉の魅力を「基本的にいい人が多いと思います」と語ったり、「この作品のオファーをもらったときは、高校生役というだけで即答で断ったんです。でも、魔夜峰央さんのご指名と聞いて、元々先生の作品のファンでしたから、お受けすることにしました。何よりも、二階堂さんが相手役と聞いて、一緒にならいい作品を作れるのではないかと思って」とのエピソードも明かした。

そして「この映画は、物凄い壮大な茶番劇です。大人がものすごくまじめにくだらないことを必死にやっています。それが、皆さんには面白く映ってもらえるのではないかと思ってます。是非、映画館で楽しんでください!」と、しっかりアピール。映画『翔んで埼玉』は、2月22日よりロードショー。


◆映画『翔んで埼玉』公式サイト
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報