テッド・マッケンナを喪ったマイケル・シェンカー・フェスト、新ドラマーを発表

ツイート

マイケル・シェンカーのプロジェクト、マイケル・シェンカー・フェストが1月19日に急逝したドラマーのテッド・マッケンナに代わり、サイモン・フィリップスとBodo Schopfがレコーディングとツアーに参加することを発表した。

◆マイケル・シェンカー画像

マイケル・シェンカー・グループのセルフ・タイトルのデビュー・アルバム(1980年)でプレイしたフィリップスはニュー・アルバムのメイン・ドラマーとなるが、スケジュールが合わず、北米ツアーでは、マッコーリー・シェンカー・グループのアルバム『Perfect Timing』『Save Yourself』でプレイしたSchopfがパフォーマンスするという。Schopfはレコーディングにも参加するが、ツアーの準備があるため、その役割は小さなものになるそうだ。

シェンカーは「僕らは、Bodoがチームに加入し、サイモンが全てを可能にするのを手伝ってくれることに、とても感謝している」とコメントしている。



マイケル・シェンカー・フェストの北米ツアーは4月中旬にスタート。セカンドとなるニュー・アルバムは8月のリリースを予定している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報