【インタビュー】READY TO KISS、懐かしい気持ちをどこか思い出させてくれる2019年第一弾シングル「伊達だって」

ツイート

■かっこいい部分と可愛い部分があって楽しめると思う
■これまでとは若干違うレディキスを見てもらえるんじゃないかな


――では改めてになりますが、この曲の聴きどころなどをそれぞれお話ししてもらえますか?

春川:私はこの曲を最初に聴いた時、すごくキーが高いなって印象があったんです。私自身は声が低いほうなので「声、出るかな?裏声ばっかりになっちゃったらどうしよう!」と思って、いっぱい声を出してからレコーディングに臨んだんですね。いざ歌ってみたら、今までの曲の中でもいちばん気持ちが入ったんですよ。すごく感情を込めることができたんです。


▲『伊達だって』■通常盤

――歌詞に共感したからでしょうか。

春川:歌詞に「卒業」とか「故郷(ふるさと)」とかが出てくるんですけど、私、ありえないくらい地元が好きだからかもしれないです(笑)。

上原:しょっちゅう帰ってるもんね。

春川:そうなんですよ。だからこういう歌詞を見たり歌ったりすると、自然と気持ちが入るというか、泣けちゃうなあって。たぶん大人になるにつれて、地元に帰るとか、学生時代を思い出す機会って減っていくと思うんですね。そういう方達こそこの曲を聴いて、涙してほしいなぁなんて思ったりもします。

千葉:この曲は、かっこいい部分と可愛い部分があります。たぶんお客さんも、(体を左右に揺らしながら)こんな風に曲を楽しめる部分もあると思うし、逆にこんな風にコールを入れるのもいいんじゃないかな?って自然に浮かんできたところもあって。これまでとは若干違うレディキスを見てもらえる曲になってると思います。あと、間奏のところで「la la la」っていうところがあるんですけど、そこをライブで七人で声を合わせたらどんな感じになるかなって、すごく楽しみなんですよね。

上原:そう、途中でガラッと曲調が変わるんですよ。そこは結構聴きどころだよね?

天羽:うん、うん。

牧野:テンポが変わるんだよね。4拍子から3拍子になる。

上原:ギャップがある。その3拍子のところもギターの音が結構入っていたりして、メロディーの感じとか、いろいろ新しいなって思います。


▲『伊達だって』牧野広実 ver.

――振り付け、どんな感じになると思います?

上原:想像出来なくない!?

春川:だって今回、衣装も今までと全然雰囲気が違うからね。

上原:ちょっとかっこいい感じだもんね。

春川:アイドルっぽくないっていうか。

清川:ゲームのキャラクターみたいな感じ。

春川:アイドル衣装って、キラキラのフリフリをイメージされると思うんですけど。

上原:真逆だね。

牧野:色も落ち着いてるし。レディキスの衣装って今まで金とかキラッキラな感じが多かったけど、今回は和の部分もありつつ、黒とかエンジとかで。

春川:それこそ卒業式の時の袴みたいな感じ。マジで今までにない感じだし、いい意味でレディキスっぽくないって言われると思います。だからこそ、振り付けがどうなるのかすごく気になる。

上原:気になるね。あの衣装でやるんだもんね。

春川:可愛い振りなのか、どうなのか。

牧野:和な感じも初めてだからね。


▲『伊達だって』佐々木美帆 ver.

――でもその和な感じは、そもそもやってみたいと思っていた部分なんですよね。

牧野:そうなんです。

上原:やっぱり(次のMVの)ロケ地は日本でと募集したわけだから、日本っぽい曲だったり衣装だったりでやりたいよねっていうのは言ってたんです。

春川:だから伊達政宗もね、私たちのそういう意向を汲んでのことだったのかなって思う。伊達政宗は日本の歴史における重要な人物だから。

上原:桃菜、歴史好きだもんね。

春川:うん、ちょっと(笑)。

上原:以前宮城に行った時、桃菜、わざわざ車から降りて写真撮ってなかった?

春川:そう、好きなんですよ。特に武将が。伊達政宗の銅像ももちろん撮りました。あとプライベートでも、伊達政宗の所縁の場所なんかに行ったりもして。


▲『伊達だって』春川桃菜 ver.

――じゃあこの曲のプロモーション中は、春川さんに歴女ぶりを発揮していただいて(笑)。

上原:アピールできるね(笑)。

春川:ほんと?ほんと?いいのかな(笑)。

牧野:いいよ、いいよ。

春川:戦国武将しか知らないから、伊達政宗って、逆にぴったりでびっくりしてるんですけどね。

――なんなら春川さんがレディキスの武将として引っ張っていく、と(笑)。

上原:あははは!強そう(笑)!

牧野:じゃあ苗字「伊達」に変えなきゃ(笑)。

春川:いやいや、伊達政宗も好きだけど一番好きではないので。そこはちょっと死守したい(笑)。

上原:せっかく曲出すんだから、そこは変えるって言おうよ(笑)。

――(一同爆笑)。

春川:次はね、その一番に好きな岐阜の武将がテーマの曲を作ってもらいたいです(笑)。

上原:「伊達だって」の第二弾として!?

春川:まぁ、そのうちね。

牧野:次は岐阜かぁ(笑)。

――夢は膨らむ一方ですね(笑)。でもまずは、宮城でのMV撮影を頑張ってきてください(笑)。

上原:どんな内容になるのか、今のところ全然想像がつかないよね。

春川:雪とか降ってるよね?でも曲は春のイメージだから、ロケとかどうなるんだろう?場所とか大変そうだね。

牧野:…スタジオかもよ。

――(一同爆笑)。

春川:リアル、リアル(笑)。宮城のスタジオ(笑)。

上原:でもMVを見て、すぐに宮城ってわかるような感じがいいもんね。今回は宮城県の川崎町っていうところに行くんですけど、この記事が出る頃にはMVも出来上がってるはずなので、どんな仕上がりになっているのかぜひ楽しみにしてほしいなと思います。私たちにとっては、まだ想像でしかないからね。

春川:ほんとに。

天羽:私たちも楽しみです。

――では今回のシングルのカップリングについてですが、まだ詳しい内容は決まってないようですね。

上原:前作「タイに行きタイ」の時に「サイレンとジェラシー」という曲が入っていたんですけど、そのシリーズになる予定です(笑)。某有名ロックバンドさんの曲に掛けてるんだと思いますが、今回は「呉れない」って曲が収録される予定です(笑)。

春川:歌詞もテンポも、レディキスに今までない感じかなって思いますね。レディキスは結構可愛い感じの曲が多かったんですけど。

上原:カップリングとかも、可愛いの多かったもんね。

春川:そう。でもイントロから割と暗めだし、歌詞もちょっと悲しげな感じ。レコーディングはこれからなんですけど、どうやって歌おうか、各々考えて臨むことになりそうです。

――完成したシングルがどんな仕上がりになっているのか、楽しみにしていますね!では最後に、2019年の抱負を聞かせてください。

上原:まずは今回リリースさせていただく「伊達だって」が、たくさんの方に愛される曲になることです!それが今年最初の豊富ですね。

千葉:そのためにも、頑張って宣伝活動していきます。そして、いろんな場所で直接みなさんに歌を届けていけたらなって思っていますので、ぜひ楽しみにしていてください!

取材・文●山田邦子

READY TO KISSは、カラオケの第一興商が強力プッシュする3月度D-PUSH!アーティストに決定しており、「伊達だって」は楽曲配信されており歌唱が可能だ。また「伊達だって」のミュージックビデオは、カラオケ背景映像に今だけクリップ(期間限定映像)として順次配信。さらに、カラオケ演奏の合間に放映される音楽情報コンテンツ「DAM CHANNEL」内のD-PUSH!コーナーにゲスト出演し、パーソナリティとのトークを楽しませてくれる。DAM express(目次本)D-PUSH!ページでは、ここでしか読むことのできないインタビュー記事とともにアーティスト写真、ジャケット写真が掲載される。そしてリリース情報、インタビュー記事が同社が運営するwebサイト「DAM CHANNEL」(http://www.clubdam.com)でも掲載される。カラオケ店やWEBで、READY TO KISSとの出会いを楽しんでほしい。

リリース情報

ニューシングル「伊達だって」
3月6日(水)発売
■初回限定盤
1,111円+税
千葉咲乃 ver.【品番】KICM-91921
上原歩子 ver.【品番】KICM-91922
清川麗奈 ver.【品番】KICM-91923
天羽希純 ver.【品番】KICM-91924
牧野広実 ver.【品番】KICM-91925
佐々木美帆 ver.【品番】KICM-91926
春川桃菜 ver.【品番】KICM-91927

■通常盤 KICM-1928
1,111円+税

ライブ・イベント情報

<「伊達だって」発売記念インストアイベント>
2019年3月1日(金)18:30 OPEN 19:00 START
【場所】Space emo池袋
2019年3月2日(土)(1)13:00 START (2)16:00 START
【場所】ららぽーと柏の葉 本館 2F センタープラザ
2019年3月5日(火)19:00 START
【場所】HMVエソラ池袋店
2019年3月6日(水)19:00 START
【場所】HMV&BOOKS SHIBUYA 7Fイベントスペース
2019年3月7日(木)19:00 START
【場所】池袋ニコニコ本社 B2イベントスペース
2019年3月8日(金)18:30 OPEN 19:00 START
【場所】Space emo池袋
2019年3月9日(土)13:00 START
【場所】ソフマップAKIBA 4号店 アミューズメント館8Fイベントスペース
2019年3月9日(土)17:00 START
【場所】タワーレコード池袋店 6Fイベントスペース
2019年3月10日(日)12:00 START
【場所】ソフマップAKIBA 1号店 サブカル・モバイル館 8F マップ劇場
2019年3月10日(日)16:30 START
【場所】お台場ヴィーナスフォート 教会広場

<ワンマンライブ情報>
2019年5月20日(月)
【場所】 マイナビBLITZ赤坂

関連リンク

◆READY TO KISS HP

◆インタビュー(1)へ戻る
この記事をツイート
365日、アイドルが作るアイドルメディア Pop'n'Roll 準備号創刊

この記事の関連情報