全米アルバム・チャート、アリアナ・グランデが初登場1位

twitterツイート

今週の全米アルバム・チャート(Billboard 200)は、アリアナ・グランデの『thank u, next』が初登場で1位を獲得した。初週36万ユニットを売り上げ、一週間でのストリーミングの数(収録曲の総計で3億回以上)は、ポップ・アルバムおよび女性アーティストによるアルバムとしてはこれまでで最多を記録したという。『thank u, next』はアリアナにとって、ファースト『Yours Truly』(2013年)、セカンド『My Everything』(2014年)、前作『Sweetener』(2018年)に次ぐ4枚目の全米No.1アルバムとなった。『thank u, next』は英国でも初登場1位を獲得した。

◆アリアナ・グランデ画像

2位には、テーマ・ソング「Shallow」が様々な映画アワーズで主題歌賞を受賞し、先週グラミーでもパフォーマンスされたレディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー主演の映画『アリー/ スター誕生』のサウンドトラックが5位から再浮上。アメリカでDVD/Blu-rayがリリースされたクイーンの映画『ボヘミアン・ラプソディ』のサウンドトラックが先週の11位から3位へ再びランクを上げた。

今週はまた、2月10日に開かれた第61回グラミー賞で年間最優秀アルバムと最優秀カントリー・アルバムに輝いたケイシー・マスグレイヴスの『Golden Hour』が9位に再エントリーしている。マスグレイヴスは最優秀カントリー・ソング、最優秀カントリー・ソロ・パフォーマンスも受賞し、チャイルディッシュ・ガンビーノと並び今年のグラミーで最多の4部門を獲得した。

Ako Suzuki

twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報