セオ・パリッシュ、フライング・ロータスが絶大な信頼をよせるプロデューサー、バイロン・ジ・アクエリアス初来日

ツイート

フライング・ロータスの楽曲プロデュース、セオ・パリッシュ率いるSound Signatureレーベルからリリースした「HighlifeEP」でまたたく間にその存在を世界に知らしめたキーボーディスト、バイロン・ジ・アクエリアスが3月8日の表参道VENTにて初来日公演を開催する。

2007年に自身の楽曲制作を始める以前はキーボーディストとして様々なジャンルのミュージシャンと活動してキャリアを持つトップ・キーボーディストでもあるバイロン・ジ・アクエリアス。アーティストとしてのキャリアのスタートは日本でも人気のあるパリのプロデューサー、Onraとの2007年のコラボレーション作「The Big Payback」であった。それをきっかけにRush Hour、Warp(フライング・ロータスとのコラボ)、HHV、Circulations、Reebok Classics A Journey into Future、Real Soon、Giant Step Recordsなどのレーベルから作品をリリースするようになった。

2015年ごろにはにカイ・アルセとスタジオに入って制作した作品がセオ・パリッシュの手に渡り、バイロンのジャズの影響を受けたハウス作品を非常に気に入ったセオがSound Sigunatureからリリースしたのが先の「Highlife EP」だったのはよく知られるところ。非常に高い評価を得たこの作品はまたたく間に世界中のレコードショップのトップチャートに入り、翌年にカイル・ホールのWild Oatsからリリースした「Gone Today Here TMRW」もスマッシュヒットを記録し、バイロン・ジ・アクエリアスの名前は世界のエレクトロニック・ミュージシャンのシーンにおいても要注目の存在となったのだ。

世界中の有名クラブや大型フェスにも名を連ねるようになり、忙しく世界ツアーを行うようになったバイロン・ジ・アクエリアスの日本初公演は、ハウスラヴァーはもちろん、デトロイトフリークも、ビートシーンのヘッズも見逃せない。


<- Byron The Aquarius ->

2019年3月8日(金)
表参道VENT
OPEN : 23:00
DOOR : ¥3,500 / FB discount : ¥3,000 ADVANCED TICKET:¥2,500 https://jp.residentadvisor.net/events/1218985

■ROOM1
Byron The Aquarius
And more

※VENTでは、20歳未満の方や、写真付身分証明書をお持ちでない方のご入場はお断りさせて頂いております。ご来場の際は、必ず写真付身分証明書をお持ち下さいます様、宜しくお願い致します。尚、サンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。予めご了承下さい。
※Must be 20 or over with Photo ID to enter. Also, sandals are not accepted in any case. Thank you for your cooperation.

◆VENT オフィシャルサイト
この記事をツイート

この記事の関連情報