【インタビュー】CHIHIRO、恋で悩むリスナーへ「自分が人生の主人公になってほしい」

twitterツイート



数々の恋愛ソングを生み出してきたシンガーソングライター・CHIHIROの2年ぶりのオリジナルアルバム『私の恋はナミダでできている』が2月20日(水)に発売された。2018年12月から、「君に未練」「大丈夫」「好きって言って」「細胞レベルで好きなんだ」の4曲を順次先行配信しており、アルバムには同4曲も含め全10曲が収録されている。恋愛における感情やシーンを多彩かつ非常にリアルに描いており、間違いなくリスナーの共感をさらに深く呼ぶはずだ。

今回BARKSでは、このニューアルバムにおける深化と変化についてCHIHIROに訊いた。恋で悩むリスナーに対して、「自分の人生を、自分が主人公になって歩んでほしい」と願う彼女からの大切なメッセージを、是非受け取ってほしい。

  ◆  ◆  ◆

■ いきなり切ないんです

▲AL『私の恋はナミダでできている』通常盤

── CHIHIROさんに前回インタビューさせていただいたのは前作『KISS MISS KISS』(2017年3月29日発売)のリリースタイミングだったわけですが、約2年の間に、CHIHIROさんにどんな変化があり、それがどのような形でニューアルバム『私の恋はナミダでできている』に反映されているのか、というところからお聞きしたいです。

CHIHIRO:ここ数年はハワイと日本とを行き来していたんですが、『KISS MISS KISS』をリリースしたあとに活動拠点をハワイに移したんです。向こうでは、トロピカルハウスやEDMが街中にあふれているんですね。クラブシーンで育ってR&Bを大事にしてきた私としては、これまで多くの人に支持していただいているバラードやラブソングはもちろん、自分のルーツや海外で過ごす中で自然と耳にしているハウスやEDMっぽい要素も今回のアルバムに入れたいなと思ったんです。

── どおりで前作に増して曲調が彩り豊かだと感じました。たとえば「マーメイドラブ」の透明感あるサウンドは、聴いていてハワイアンブルーが目に浮かびます。

CHIHIRO:そう感じてもらえたら嬉しいです。「マーメイドラブ」はまさに、ハワイで海をイメージしながら作った曲なので。

── マーメイドの恋になぞらえた歌詞には、切なさもありますね。

CHIHIRO:最近の洋楽は、曲はアップテンポでもすごく切ない歌詞を乗せているものが多くて、特にトロピカルハウスには切ない恋の歌が多いんです。それを日本語でやったらどうなるんだろう、と思って融合させてみました。

── 「恋がうまくいかない私」も、そういった意外なコントラストがあります。曲調は軽やかですけど、歌詞は出だしから“好きになった人は彼女あり”で。

CHIHIRO:そう、いきなり切ないんです。

── “もう……失恋辛いだけだし”とか“目指せ両思い!”とか、くじけそうになったり、それでも前を向こうとしたりという心の動きがくだけた表現で綴られているところも共感度が高いのではないかなと。

CHIHIRO:恋愛において自分が感じてきた想いも入っているし、自分の言葉で書いていったら自然とそうなってしまうところもあるんですが、「恋がうまくいかない私」に関しては、私が友だちにいつも言っていることをそのまま書いていたりもするんですよ。その友だちは、恋がうまくいかない自分も嫌いじゃないし、むしろ楽しんでいるところもあって。

── だからですね、聴いていくと不思議とパワーをもらえたりもします。

CHIHIRO:そうです、そうです。彼女はとてもポジティブなんですよ。恋がうまくいかないときってどうしても後ろ向きになってしまいがちで、年齢を重ねて周りの友だちがどんどん結婚していくようになると、どうして私だけ、恋さえしていない私ってなんてイケていないんだろう、だからもう恋しちゃダメなんだ、ってどんどん悪いほうに悪いほうに考えるようになってしまったりもするじゃないですか。でも、今はただうまくいかないだけできっと誰かが待ってくれている、と思えたらきっとポジティブになれるはず。そんな願いも込めて、「恋がうまくいかない私」の歌詞を書きました。

── 自分の短所や現実を直視した上での“この世界のどこかに未来のパートナーがいるなら きっと私のいいところ見てくれるはず”というフレーズには、説得力があります。

CHIHIRO:「運命の人なんて本当にいるんですか?」っていう質問をファンの子からされることもあるんですけど、まだ出会っていないだけでどこかにいる、と思って前向きに明るく生きていればきっと出会える!と私は思っていますから。

◆インタビュー(2)へ
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報

amazon