ピーター・フランプトン、難病を公表。年内、ラスト・ツアーを開催

ツイート

名ギタリストのピーター・フランプトン(68歳)が、筋肉に慢性的な炎症/変性が生じ、筋力が徐々に低下する封入体筋炎を患っていることを公表した。

◆ピーター・フランプトン画像

フランプトンは先週金曜日(2月22日)、夏から秋にかけて北米でフェアウェル・ツアーを開催すると発表。翌日(23日)、米CBS放送のモーニング・ショー『This Morning』に出演し、3年半前にステージで転倒した際、難病である封入体筋炎と診断されたと、その理由を明かした。

「残念なことに、この先、指の屈筋に影響がでるだろう。ギター・プレイヤーとしてはいいことではない。いまは素晴らしいプレイができる。でも、1年後は多分それほど良くないだろう。僕は完全主義者だ。ステージに上がり“これは良くない”とは思いたくない。それは僕にとって悪夢だ」

フランプトンはこれまで家族とバンド・メンバーにのみ病気のことを知らせており、彼らには命にかかわるものではなくツアーを続けるつもりだと話していたが、最近、休暇中に再び転倒し、演奏に影響が出る前に辞めるべきだと考えるようになったという。昨年秋から病気の進行が早くなったように感じているそうだ。

現時点で封入体筋炎に対する根本的な治療方法はなく、フランプトンは筋力を高める運動に取り組み、新薬を試してみたいと話した。

フェアウェル・ツアー<Peter Frampton Finale>は6月18日から10月12日まで開催。ジェイソン・ボーナムのレッド・ツェッペリン・イブニングが大半の公演に、ウエスト・コーストでの公演には息子のジュリアン・フランプトンが参加する。その後の症状次第では、2020年春にヨーロッパでも短いツアーを行ないたいという。



また、彼はニュー・アルバムのリリースも計画している。

Ako Suzuki
この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス