2019年春、赤羽に600人収容の近未来型ライブハウスがオープン グランドオープニングは清春による2DAYS

twitterツイート

2019年の春に『赤羽ReNY alpha』がオープンし、5月18日(土)・19日(日)に実施されるグランドオープニングに清春が出演することが決定した。

赤羽ReNY alphaは、新宿ReNY、名古屋ReNY limited等を運営するルイードグループが、首都圏直結のアクセスで年々人気が上昇している赤羽に立ち上げる、10店舗目となるキャパシティ最大600人の近未来型ライブハウスだ。

30年間続いた「平成」より新元号に切り替わる2019年5月、新時代に向けて新たなるライブシーンを創造すべく、ギリシャ文字の最初の文字「α(アルファ)」をReNYブランドに冠し、赤羽駅から徒歩2分という好立地のもとエンタテインメントを発信していく。

赤羽ReNY alphaはライブ演奏のみならず、多様な用途に使用出来るエンタテインメントスペースとして、ステージ背面にはLEDマルチパネルを配置。さらにホール内には映像モニターを多数配置する等、最新鋭の機材を導入し、アーティスト・オーディエンス共に心地よいライブ体感が出来るよう長年の経験を生かしたプロデュースを展開する。

音楽シーンを牽引する著名アーティスト、インディーズシーンで活躍中のアーティストなどの公演を随時発表していく予定となっている。

関連リンク

◆赤羽ReNY alpha
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報