【Re:ply ツアーレポート#5】〜松江AZTiC canova〜

ツイート

こんにちは、こんばんは!
変幻自在の6人組マルチロックバンドRe:ply(リプライ)です!

2018年10月7日〜12月29日の期間で行ったリリースツアー、その名もRe:ply LIVE TOUR 2018『WEIGH ANCHOR』。
今回は11月22日〜24日の、松江AZTiC canova編についてまとめていきたいと思います〜!よろしくお願いします!

松江はDr.闥也が過去に「クソお世話になった」、言わば第二の故郷なのです。そんな今回の旅は広島から始まります!
まず広島、島根編は全移動車というなかなかハードなスケジュールでした!片道約12時間、、、大阪くらいまでなら一人で行っちゃうBa.sachiも今回はさすがに交代ありで。

はるばる来たぜ広島!
ストリートライブをするために松江公演の2日前に広島入りしました!そして今回は少し観光の時間も取れたので名所「平和記念公園」と「宮島」へ。

▲ストリートライブ!

▲原爆ドームを見上げるメンバー。

▲広島風お好み焼きを食べるsachi、あべち、8810。目の前の鉄板で焼いてくれたよ!

最近なかなか触れ合う機会がなかった「歴史」を感じた広島でした。

広島で2泊、そしてついに島根県の松江に向けて出発!
宍道湖が見えるSAでお昼休憩と集合写真!

▲後ろ姿と綺麗な青空!

会場である松江AZTiC canovaに到着。
目の前には雄大な宍道湖。時間が穏やかに流れている、素敵な場所でした!

▲宍道湖を背に弾き語るあべち。

リハーサルが始まるともちろんみんな真剣モード。
ライブ本番、珍しくGt.あべちとMani.8810がフロアまで降りて暴れ倒した「Dizzy Dance」。
終演後、普段はやらないアンコールがかかり、Dr.闥也が作詞作曲の「Remember」を演奏。
バックステージに戻った時には涙を流していました(ほっこり)
やっぱりメンバーの想いがあふれ出した時の涙って素敵ですよね~。

▲ライブ後は皆さんとご飯!


さて、ツアーレポートは次の地、尼崎編に続きます!
今回も最後までお読みいただきありがとうございました〜!

▲広島・島根編 ドキュメンタリー

1st Full Album『WEIGH ANCHOR』

2018年10月24日(水)発売
Re:ply RECORDS REPLY-2 / 2,800円(tax out)
1.-reLIFE-
2.決意の旗
3.Remember
4.The Loud Noise
5.Dizzy Dance
6.Fight till the end
7.SHINKARON
8.砂の時計
9.dateline
10.Illusion
11.君のいない街

この記事をツイート

この記事の関連情報

TREND BOX

編集部おすすめ

ARTIST RANKING

アーティストランキング

FEATURE / SERVICE

特集・サービス