ジェフ・リン、「見果てぬ想い」は父に証明するために制作

twitterツイート

ジェフ・リンが、エレクトリック・ライト・オーケストラ初の全米トップ10ヒットとなった曲「Can’t Get It Out Of My Head(見果てぬ想い)」の誕生秘話を語った。父子喧嘩により、創造力が刺激されたそうだ。

◆ジェフ・リン画像、動画

リンは『Ultimate Classic Rock Nights』ラジオのインタビューでこう話した。「あの曲には特別なとこがあるって思った。催眠状態みたいなフィーリングがあり、反復も多い。でも、メロディがたくさんある。僕はすごく満足した。というのも、その前に父から言われてたんだ。何かのことで口論となり、父に“だから、お前の曲は問題なんだ”って言われたんだよ。“何が?”って訊いたら、“メロディがないじゃないか!”って」

「だから、僕は“じゃあ、メロディを聴かせてやる”って言い返したんだ。それで、これを作った。彼に、僕はメロディを書けるってとこ証明するためにね!」

4枚目のスタジオ・アルバム『Eldorado』(1974年)からシングル・カットされた「Can’t Get It Out Of My Head」は全米チャートの9位をマーク。アメリカにおけるELO初のトップ10ヒットとなった。



ジェフ・リンズELOはこの夏、昨年に続き北米ツアーを開催する。昨年のものは1981年以来となる全米ツアーだった。今年はそれがさらに拡大され、20公演を開く。

Ako Suzuki
twitterこの記事をツイート

この記事の関連情報